マリヤ・クチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリヤ・クチナ
Мария Александровна Кучина
Portal:陸上競技
選手情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
競技 陸上競技
種目 走高跳
生年月日 1993年1月14日(21歳)
生誕地 ロシアの旗 ロシア カバルダ・バルカル共和国プロフラードヌイ英語版
コーチ担当者 Boris Gorkov[1]
自己ベスト 2m00
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マリヤ・アレクサンドローヴナ・クチナロシア語: Мария Александровна Кучинаラテン文字表記:Mariya Aleksandrovna Kuchina、1993年1月14日 - )は、ロシア陸上競技選手カバルダ・バルカル共和国プロフラードヌイ英語版出身[1]走高跳を専門とする[2]2010年に開かれたシンガポールユースオリンピック金メダルを獲得した[2]

経歴[編集]

父はアマチュアバスケットボール選手、母はバレーボール選手という運動神経のよい家庭に生まれる[1]。国際大会での最初の栄冠は、1m85の自己新記録をマークして、イタリア人アレッシア・トロスト英語版に次ぐ銀メダルを獲得した、イタリアブレッサノーネで開かれた2009年世界ユース選手権である[3]。同年のヨーロッパユースオリンピックフェスティバル英語版ギムナシアード英語版でも銀メダルに輝いている[4][5]

そして第1回ユースオリンピックであるシンガポールユースオリンピックにて1m86を跳び、アレッシア・トロストを抑えて金メダルを獲得した[6]

2011年シーズンはエレーナ・スレサレンコとの優勝争いで幕を開け、室内の自己新記録となる1m90をマークしてスレサレンコを打ち破った[7]。更にチェコチネツ英語版で開かれたモラヴィアハイジャンプツアー英語版にて1m97の跳躍に成功し、デシスラヴァ・アレクサンドロワ(Desislava Aleksandrova)が1994年に樹立した世界ジュニア記録を更新した[8]

その後、自国開催となった2013年夏季ユニバーシアードで銀メダル、ポーランドソポトで開かれた2014年世界室内選手権で金メダルを獲得した[2]

主な成績[編集]

大会 開催地 結果 記録
ロシアの旗 ロシア代表
2009 世界ユース選手権 イタリアの旗 イタリアブレッサノーネ 2位 1.85 m
2010 ユースオリンピック シンガポールの旗 シンガポール 1位 1.89 m
2011 ヨーロッパ室内選手権 フランスの旗 フランスパリ 9位 1.92 m
ヨーロッパジュニア選手権 エストニアの旗 エストニアタリン 1位 1.95 m
2012 世界ジュニア選手権 スペインの旗 スペインバルセロナ 3位 1.88 m
2013 ユニバーシアード ロシアの旗 ロシアカザン 2位 1.96 m
2014 世界室内選手権 ポーランドの旗 ポーランドソポト 1位 2.00 m

自己記録[編集]

種目 記録 (m) 開催地
走高跳(屋外) 2.00 フランスの旗 フランスパリ 2014年7月5日
走高跳(室内) 2.01 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム 2014年2月16日

脚注[編集]

  1. ^ a b c A new city, a new coach for Kuchina”. EAA (2010年10月13日). 2014年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c Persons : Mariya Kuchina : фотографии” (英語). SportPhoto.ru. 2014年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  3. ^ 2009 World Youth Championships - High Jump - W Final”. IAAF. 2009年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  4. ^ European Youth Olympic Festival 2009”. WJAH. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  5. ^ Qatar Embraces Gold in Doha 2009 Gymnasiade”. Qatar Athletic Association (2009年12月10日). 2011年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  6. ^ 2010 Summer Youth Olympics – Girls high jump results (final)”. Atos Origin. 2010年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  7. ^ Nickolai Dolgopolov and Rostislav Orlov (2011年1月23日). “Kuchina foils Slesarenko’s comeback in Volgograd”. IAAF. 2011年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。
  8. ^ Kuchina clears 1.97m World junior best in Trinec”. IAAF (2011年1月27日). 2011年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]