マリナーラソース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラビオリ・マリナーラ

マリナーラソース、またはマリナラソース: marinara sauce)は、トマトソースの一種で、ピザパスタラビオリなどのイタリア料理に使用される。その名称のマリナーラ(marinara)は、イタリア語で「船乗りの」を意味する形容詞で[1]イタリアの都市ナポリの船乗りがよく食べていたことに由来している。

材料はトマトニンニクオリーブ・オイルオレガノなどで、[2]『トマトソースがベースで、オレガノが加えられたもの』とも言い換えられる。肉類を使用していないため、あっさりとした味わいをもつ。

起源[編集]

マリナーラソースの起源にはいくつか民間の説がある。一つは、16世紀半ばスペイン人がトマトをヨーロッパに、新世界の果実として持ち込んだ後、ナポリの船に乗船していたコックが発明したというものである。元祖のレシピはシーフードを含まないため、トマトの強い酸のおかげで腐敗しにくかった。マリナラソースはそのため、長期の海の旅にかなう食べ物として数百年もの間、冷凍技術が発明されるまでその地位を確立していたという。もう一つの説としては、マリナラソースはナポリの船乗りの妻たちが彼らの海からの帰宅のために準備していたソースだというものである。[3]

歴史的には、しかしながら、イタリア初の調理本はトマトソースを含んでいる。『ロ・スカルコ・アラ・モデルナ』(=現代の給仕)はイタリアのシェフ、アントニオ・ラティーニによって執筆され、1692年1694年に二巻に分けて出版された。ラティーニはナポリのスペイン総督の大臣の給仕であった。この時期のトマトソースは今でいうトマトサルサに近いものであった。[4]

マリナーラ・ピザ[編集]

マリナーラ・ピザ

マリナーラソースを使用したピザである「マリナーラ・ピザ」は、ナポリピッツァのルーツとも言われている。イタリア語では「pizza marinara」で、日本語ではそれに由来して「ピッツァ・マリナーラ」と呼ばれることも多い。また、ピザが話題と分かっている場面では、単に「マリナーラ」と呼ばれることが多い。 16世紀中南米から南イタリアへ伝わったトマトが広く食用に浸透した1734年に作られた。[5]ナポリの漁師たちがなじみのパン屋にあり合わせのトマトとオリーブオイルを使って作らせたのがきっかけである。

その後、ナポリで料理に愛用されていたオレガノとニンニクが加わり、現在ではイタリア全域に広まり、どのピッツェリアでも定番の一品となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "marinara" Oxford Dictionaries
  2. ^ "marinara" Oxford Dictionaries
  3. ^ "Marinara Sauce" The Italian Chef 2015年4月28日閲覧
  4. ^ "Origins of Italian tomato sauce" Foodtimeline.org 2015年4月28日閲覧
  5. ^ "COMMISSION REGULATION (EU) No 97/2010 of 4 February 2010- 3.8. Traditional character of the agricultural product or foodstuff" 2010年2月4日