マヒシャースラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マヒシャースラ(Mahiṣāsura)とは、ヒンドゥー教の神話に登場する、アスラ神族の名である。ダーナヴァ族に属するアスラである。

概要[編集]

人間の姿を取ったときのマヒシャースラ
水牛の姿を取ったときのマヒシャースラ(右)

アスラ王マヒシャースラの活躍は、経典デーヴィー・マーハートミャに見ることが出来る。

水牛から生れ落ちたマヒシャースラの父親ラムバーは、アスラの一員としてマヒシャースラを産んだ(従ってマヒシャースラ自身は、人間にも水牛にも自由に姿を変えることが出来る)。

マヒシャースラはアスラ神族であるにもかかわらず、テーヴァ神族であるブラフマー(梵天)に対する瞑想を行うなど信心深く、結果としてブラフマーから「如何なる男や神にも敗北しない能力」を授かることとなる。

しかしながらその後、天であるスヴァルガや地であるプリティヴィーに対する攻撃を行うようになり、天界を侵略した際に神々の王であるインドラ(帝釈天)を負かした。その結果、マハーバリの時と同様テーヴァ神族を天界から追い出してしまう。マヒシャースラは天界奪還に成功したアスラ神族の王ということになる。

テーヴァ神族の神々達は、負かすことの出来ないマヒシャースラを如何にして倒すかという方策を考える為に熟慮した。結果、マヒシャースラは飽くまでも「男と神には負けない」アスラ神族であったが故に、若く美しい女性の姿をしたドゥルガーを、マヒシャースラの天敵としてテーヴァ神族らが力を合わせて創り出すこととした。あらゆるデーヴァの力を兼ね備えて生まれた女神ドゥルガーはマヒシャースラの帝国を早々と攻撃し、アスラ達との9日間の戦闘の後、10日目の半月の夜にして、マヒシャースラを討ち取った。このことからドゥルガーは、マヒシャースラマーディニ(Mahishasuramardini, mardini=殺し屋)と呼ばれ、ベンガル地方オリッサ州ではドゥルガー・プージャー(プージャーは「礼拝」、「供養」の意)として、その他の地域で行われるナヴラトリでも、マヒシャースラを討ち取ったドゥルガーが祀られる。

マヒシャースラの死後、マヒシャースラの無念を晴らすべくアスラ神族の兄弟であるシュンバニシュンバがなんと再々度天界を奪還し、デーヴァ神族も再々度追放する。しかし、ドゥルガーはその後恐るべき血肉に飢えた黒き女神カーリーにさらに変化してシュンバ・ニシュンバ兄弟王を討ち取った上で、デーヴァ神族が再々度天界を奪還したとされる(ただし、この部分は仏教説話では逆になっている)。

マヒシャ王国[編集]

マヒシャ王国(Mahisha Kingdom)とはマヒシャースラが古代インドカルナータカ州マイソールに出来たものであるとされる。「マイソール」とは「マヒシャースラ」から来た都市名である。マヒシャブール→マイソールと変化した。この周辺は「マヒシュール」と呼ばれたアスラ王マヒシャースラの王国であった。マイソールはマヒシャースラが女神ドゥルガーによって退治したことを記念して名付けたられた地名である。そのため写真左上の人間の姿を取ったときのマヒシャースラ像がマイソール市のシンボル的存在になっている。

関連項目[編集]