ペータル2世 (ユーゴスラビア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペータル2世
Петар II
ユーゴスラビア国王
Petar II Karađorđević.jpg
ペータル2世(1944年)
在位 1934年10月9日 - 1945年11月29日
出生 1923年9月6日
Flag of the Kingdom of Yugoslavia.svg ユーゴスラビア王国ベオグラード
死去 1970年11月3日(満47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コロラド州デンバー
埋葬 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州リバティービル、聖サヴァ修道院教会
配偶者 アレクサンドラ・オド・グルチケ・イ・ダンスケ
子女 アレクサンダル
王家 カラジョルジェヴィッチ家
父親 アレクサンダル1世
母親 マリア・オド・ルムニエ
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

ペータル2世・カラジョルジェヴィッチセルビア語: Петар II Карађорђевић1923年9月6日 - 1970年11月3日)は、ユーゴスラビア王国の第2代にして最後の国王である(在位:1934年 - 1945年)。

生涯[編集]

幼少期[編集]

カラジョルジェヴィッチ家のユーゴスラビア王アレクサンダル1世とルーマニア王フェルディナンド1世の王女マリア・デ・ロムニアの長男で、名付け親はイギリス王ジョージ6世と王妃エリザベスだった。

ペータルの教育は王宮で始まり、次にイングランドウィルトシャー州のサンドロイド校に通った。

1934年フランス公式訪問中の父王アレクサンダル1世の暗殺の後を受けて11歳でユーゴスラビア王に即位したが、幼少のため父の従弟パヴレ摂政に就任した。

第二次世界大戦[編集]

ペータル2世と宮中顧問官らはナチス・ドイツとの同盟に反対したが、摂政パヴレは、ユーゴスラビアは日独伊三国同盟に参加すると声明した。

1941年3月27日、当時の17歳のペータル2世は、イギリスの支援で日独伊三国同盟に反対するクーデターに参加、クーデターは成功し摂政パヴレを追放し親政を敷いた。

これに対しドイツはバルバロッサ作戦を延期してユーゴスラビアとギリシャを同時に攻撃し、ドイツ空軍4月6日から三日三晩ベオグラードを猛攻撃した。1週間足らずで、ドイツ、ブルガリアハンガリーイタリアがユーゴスラビアに侵入し、ユーゴスラビア政府は4月17日に降伏した。ユーゴスラビアは、ドイツ、ブルガリア、ハンガリー、イタリアの要求を満たすため分割され、傀儡政権クロアチア独立国建国が宣言された。

枢軸国の侵入に伴って、ペータル2世はユーゴスラビア政府とともにやむを得ず祖国を去り、ギリシャ、エルサレム、イギリス委任統治パレスチナを経て、エジプトカイロに渡った。一行は1941年6月イギリスに到着し、ナチス占領下のヨーロッパ地域からの、他の多数の亡命政府に加わった。ペータル2世は、ケンブリッジ大学での課程を修了してイギリス空軍に加わった。

ユーゴスラビア軍の瓦解にもかかわらず、占領軍への2つの抵抗武装組織が形成された。一方は亡命政府の国防相王党派ドラジャ・ミハイロヴィッチ将軍率いるチェトニック、もう一方は共産主義者で、後に世にティトーの名で知られるヨシップ・ブロズ率いる革命パルチザンであった。連合国軍は、初めはミハイロヴィッチを支持したが、すぐにティトーの支持にまわった。

廃位と亡命[編集]

ペータル2世は1944年3月20日ロンドンでギリシャ王アレクサンドロス1世の王女アレクサンドラと結婚した。亡命中の1945年11月29日ユーゴスラビア共産党政権下の憲法制定議会は王制を廃止したが、本人は決して退位を宣言しなかった。戦後はアメリカ合衆国に定住したが、長年健康に問題を抱えており、肝不全治療の移植手術後、1970年11月3日コロラド州デンバーで死去した。

死後イリノイ州リバティービルの聖サヴァ修道院教会に埋葬され、ヨーロッパで唯一アメリカの土に埋葬された君主となった。息子アレクサンダル王太子はセルビア王位継承者である。

2007年3月4日、アレクサンダルは父王ペータル2世の遺体をセルビアに返す計画を発表したが、この計画に動揺したセルビア系アメリカ人もいた。ペータル2世はシカゴに住むセルビア人のために永眠の地として聖サヴァ修道院教会を選んだのである。

2013年、ペータル2世の棺を、オプレナツの聖ジョルジェ教会にあるカラジョルジェヴィチ家の大霊廟に改葬することが発表された。1月22日、棺はベオグラード・ニコラ・テスラ空港に到着し、アレクサンダルやその家族、イビツァ・ダチッチ首相らに出迎えられ、改葬までベオグラード近郊Dedinjeにある王宮の礼拝堂に安置された[1]。5月26日に、セルビア王族、トミスラヴ・ニコリッチ大統領やイビツァ・ダチッチ首相ら政府関係者、ヨルダン国王アブドゥッラー2世ケント公爵エドワード王子など海外の王族らが参列し、妻アレクサンドラ王妃や母マリア王太后、末弟アンドレイ王子らの棺とともに大霊廟に改葬された[2][3]

脚注[編集]

先代:
アレクサンダル1世
ユーゴスラビア王
1934年 - 1945年
次代:
王政廃止
先代:
アレクサンダル1世
ユーゴスラビア元首
1934年 - 1945年
次代:
イヴァン・リバル
先代:
アレクサンダル1世
カラジョルジェヴィッチ家当主
1934年 - 1970年
次代:
アレクサンダル