トポラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トポラ
セルビアの旗
Topola/Топола
Topola and Oplenac.JPG
丘の上のオプレナツ教会
FLAG Topola.gif COA big Topola.gif
基礎自治体 基礎自治体
位置
セルビアにおけるトポラの位置の位置図
セルビアにおけるトポラの位置
座標 : 北緯44度15分15秒 東経20度40分57秒 / 北緯44.25417度 東経20.68250度 / 44.25417; 20.68250
行政
セルビアの旗 セルビア
  シュマディヤ郡
 基礎自治体 トポラ
市長 Dragan Jovanović
NS
人口
人口 (2011年現在)
  基礎自治体 22,207人
  市街地 4,573人
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
市外局番 +381 34
ナンバープレート TO
公式ウェブサイト : www.topola.com

トポラセルビア語: Topola/Топола)はセルビアの町および基礎自治体でシュマディヤ郡に属する。トポラは1804年に起こったオスマン帝国に対する蜂起である第一次セルビア蜂起のリーダーにカラジョルジェが最初に選ばれた場所である。地元のオプレナツ教会はカラジョルジェヴィチ家の埋葬地となっている。トポラの地名はポプラの意味である。

歴史[編集]

この地域で集落が急増したのは1389年コソボの戦い後で、多くの中世期の共同墓地がトポラでは見ることが出来る。ステファン・ラザレヴィッチ専制公は近郊のクルクヴィネで亡くなり埋葬されている。トポラの南にあるルドニクの町は1459年1月20日オスマン帝国に落とされた。ある集落はデスポトヴィツァと名付けられており、これは攻め落とされたセルビア専制公国を記念したものであった。17世紀、この地域ではさらに多くのセルビア人の定住が進んだ。

トポラは1781年、ヴォジュド・カラジョルジェによってカメニツァ川河畔に設立されている。町は第一次セルビア蜂起時に1804年Kučuk-Alijaによるシュマディヤでの略奪行為の時に破壊され、カラジョルジェの家は放火された。1805年になると町の復興が始まり、町は城塞都市のようになりカラジョルジェは廃墟となった以前の住居に新しく大邸宅やいくつかの建物を周囲に建て、柵やのぞき穴を備えて防御しトポラは戦略的な定住地となった。抵抗が成功すると、トポラは政治的な重要性を得る。ヴォジュドはさらに拡張され、1808年から1813年にかけ大きな壁と塔、学校、教会、他の多くの建物が建てられた。トポラはカラジョルジェの中心としてセルビアの革命の中心の場所にもなった。1814年になると町は反乱に対するオスマン帝国の締め付により深刻なダメージを受けて終焉をむかえ、廃墟だけが残った。カラジョルジェの息子であるアレクサンダル・カラジョルジェヴィッチ(Aleksandar Karađorđević)によって再び町は復興され住民たちにより建物や商店が造られ、1858年オブレノヴィッチ家が戻るとさらに開発が進んだ。

経済[編集]

トポラの産業は農業や畜産が中心で、野菜や果物の栽培、牛の飼育が行われている。

外部リンク[編集]