ベアトリクス・シューバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ベアトリクス・シューバ
Beatrix SCHUBA
Figure skating pictogram.svg
Beatrix Schuba 2011.jpg
2011年
基本情報
代表国: オーストリアの旗 オーストリア
生年月日: 1951年4月15日(63歳)
引退: 1972年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
1972 札幌 女子シングル
世界選手権
1969 コロラドスプリングス 女子シングル
1970 リュブリャナ 女子シングル
1971 リヨン 女子シングル
1972 カルガリー 女子シングル


ベアトリクス・シューバBeatrix Schuba1951年4月15日 - )は、オーストリア出身の女性フィギュアスケート選手。1972年札幌オリンピック女子シングル金メダリスト。オーストリアアイススケート協会会長。登録名トリクシー・シューパ(Trixi Schuba)。

経歴[編集]

1967年からオーストリア選手権で6連覇。1968年グルノーブルオリンピックに出場し5位。 1971年、1972年ヨーロッパフィギュアスケート選手権世界フィギュアスケート選手権で優勝。 1972年札幌オリンピックで金メダルを獲得。同年引退しプロフィギュアスケーターとなる。[1]

2002年から2006年までオーストリアのアイススケート協会の会長を務めた[2]

規定問題[編集]

1972年当時、フィギュアスケートのシングル競技はコンパルソリーフィギュア(規定)とフリースケーティング(フリー)しかなく、ベアトリクスは規定を得意としていた。1972年の札幌オリンピックで、ベアトリクスは規定で1位、フリーで7位となったが金メダルを獲得する。カナダのカレン・マグヌセンとアメリカのジャネット・リンはともにフリーで2位と1位であったが得点比重の大きかった規定で出遅れたことが響き、総合でカレンは銀メダル、ジャネットは銅メダルに終わった。

このことがきっかけとなり翌1973年シーズン、規定の比重を下げることを目的として規定とフリーの間にショートプログラムを導入するに至った。のちに規定は1991年シーズンをもって男女シングルから完全に廃止された。

主な戦績[編集]

大会/年 1966-67 1967-68 1968-69 1969-70 1970-71 1971-72
オリンピック 5 1
世界選手権 9 4 2 2 1 1
欧州選手権 5 3 3 2 1 1
オーストリア選手権 1 1 1 1 1 1

脚注[編集]

  1. ^ Trixi Schuba 実績
  2. ^ Trixi Schuba 経歴

外部リンク[編集]