佐藤有香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 佐藤 有香
Yuka SATO DUNGJEN
Figure skating pictogram.svg
Yuka Sato.jpg
2008年の佐藤有香
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: 1973年2月14日(41歳)
出生地: 東京都
身長: 152 cm
元コーチ: 佐藤信夫
佐藤久美子
ピーター・ダンフィールド
元振付師: 佐藤久美子
引退: 1994年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
1994 千葉 女子シングル

佐藤 有香さとう ゆかYuka Sato Dungjen1973年2月14日 - )は、東京都出身の元フィギュアスケート(女子シングル)選手、プロフィギュアスケーター、フィギュアスケートコーチ 兼 振付師。父は佐藤信夫、母は佐藤久美子1992年アルベールビルオリンピック7位入賞、1994年リレハンメルオリンピック5位入賞、1994年世界選手権優勝、1993年・1994年全日本選手権優勝など。

学歴[編集]

戸板女子高等学校から法政大学法学部に進学したが中退。法政大学通信教育課程法学部へ再入学し卒業。

経歴[編集]

父・信夫はスコーバレーオリンピックインスブルックオリンピックの男子シングル日本代表、母・久美子もインスブルックオリンピックとグルノーブルオリンピック女子シングル日本代表というスケート一家に生まれた。2歳半でスケートを始め、10歳の頃から父の信夫の指導を受け始める。それまでは他の生徒への指導が忙しかったため、1週間に5分間だけ新しい技を伝授する時間を作り、それを娘が1週間かけてマスターし、また新しい技を伝授して…という方法を繰り返していたという。その後「私にもきちんと教えて」と言い出したことから本格的に指導を受けるようになった[1]

1988-1989年シーズンの全日本ジュニア選手権で優勝。翌1989-1990年シーズンの世界ジュニア選手権では日本人選手として初優勝。同シーズンにはシニアの世界フィギュアスケート選手権にも初出場し、14位。しかし翌1990-1991年シーズンは不調で代表入りを逃す。

1991-1992年シーズンの全日本選手権で2位となり、優勝した伊藤みどりと共にアルベールビル五輪・女子シングルの初の日本代表入りを果たす。同五輪ではオリジナルプログラムフリースケーティングで共に7位となり、総合で7位入賞。2年ぶりの出場となった1992年世界選手権では8位。翌1992-1993年シーズンの全日本選手権で初優勝。1993年世界選手権では4位入賞を果たし、翌1994年に行われるリレハンメルオリンピックの日本女子シングル代表「2枠」を確保した。

1993-1994年シーズンの全日本選手権で2年連続の優勝を果たし、2位となった井上怜奈と共にリレハンメル五輪・女子シングルの二大会連続オリンピック日本代表入りとなる。同五輪のテクニカルプログラムでは、トリプルルッツからのコンビネーションジャンプの予定がシングルルッツとなり失敗、7位と出遅れる。フリースケーティングではほぼノーミスの演技をこなし、五輪メダルは惜しくも届かなかったが総合で5位入賞。アルベールビル五輪に続き、冬季五輪で2大会連続入賞を果たした(他女子シングル日本代表では伊藤みどり(5位・銀メダル)に次ぐ二人目の快挙である)。

オリンピック後の1994年3月に千葉県幕張メッセで行われた世界選手権では、リレハンメル五輪金メダリストのオクサナ・バイウルと銀メダリストのナンシー・ケリガンが欠場し、銅メダリストの陳露が予選後に棄権したため、同オリンピック4位のスルヤ・ボナリーと同5位の佐藤との一騎打ちの展開となった。予選、ショートプログラムで佐藤が1位、ボナリーが2位。フリースケーティングでは先に滑走したボナリーが、計7つのトリプルジャンプに挑戦し、トリプルルッツでは両足着氷、トリプルループでは手を付くミスがあったものの、コンビネーションジャンプを3つ成功させた。一方の佐藤は、トリプルトウループがダブルトウループになるミスはあったものの、計6つのトリプルジャンプを成功させ、コンビネーションジャンプも2つ成功させた。技術点ではボナリー、芸術点では佐藤とジャッジ9人の票も割れたが、最終的に4対5で佐藤が日本人選手として2人目の世界女王となった。

世界選手権後にプロスケーターに転向し、北米に拠点を移す。スターズ・オン・アイスチャンピオンズ・オン・アイスなどのアイスショーに多数出演。世界プロフィギュア選手権ではクリスティー・ヤマグチと優勝争いを演じたことで一躍注目を集め、のちに夫となるジェイソン・ダンジェンとペアを組みペアスケーターとしても活動。世界プロフィギュア選手権で4度優勝している。1999年にダンジェンと結婚。

コーチ 兼 振付師としても活動をはじめ、1998年からは日本人選手の指導も行う。1998-1999年シーズンは荒川静香の振付も担当。デトロイトスケートクラブを拠点にアリッサ・シズニージェレミー・アボットの指導、小塚崇彦の振付を行っている。

冬季オリンピックNHK杯などの放送では解説も行っている。

2013年にダンジェンと離婚。コーチとしての仕事は共に続けていく[2]

主な戦績[編集]

アマ競技歴[編集]

大会/年 1987-1988 1988-1989 1989-1990 1990-1991 1991-1992 1992-1993 1993-1994
オリンピック 7 5
世界選手権 14 8 4 1
全日本選手権 3 3 2 4 2 1 1
スケートアメリカ 1
ネイションズ杯 5
NHK杯 5 3 2 3
プラハスケート 1
ピルエッテン 6
世界Jr.選手権 10 1
全日本Jr.選手権 1 1

プロ競技歴[編集]

  • 1995年 世界プロフィギュア選手権 優勝
  • 1996年 世界プロフィギュア選手権 2位
  • 1998年 世界プロフィギュア選手権 2位
  • 2000年 世界プロフィギュア選手権 優勝
  • 2001年 スケーターズ・チャンピオンシップ 優勝
  • 2002年 スケーターズ・チャンピオンシップ 優勝
  • 2003年 スケーターズ・チャンピオンシップ 優勝
    • 世界プロフィギュア選手権は2001年よりプロアマ混合のスケーターズ・チャンピオンシップに改めた。

エピソード[編集]

  • ビデオデッキの操作が出来るようになった頃、TBSのスタッフから貰った1977年の世界フィギュアスケート選手権の模様が収録されたテープを何度も繰り返し見ていたという。一流選手の演技を幼少から観ていたことが、彼女のスケーティングの下地になったのではと父である信夫は回想している。
  • 2006年2月のトリノオリンピックでは、NHK刈屋富士雄アナウンサーとコンビを組んで解説者として出演。日本フィギュアスケート界で初めて金メダルを獲得した、女子シングルの荒川静香に対して賞賛のコメントを述べている。さらに4位入賞の村主章枝がジャンプを決めた時は思わず歓喜していたが、再放送ではこの音声はカットされている。さらに同じくトリノ五輪で、ペア競技で7位入賞を果たした、アメリカ国籍の井上怜奈ジョン・ボルドウィンに対しても健闘を讃えていた。

脚注[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ 1988年1月15日 (6)
  2. ^ Mao has much at stake in Grand Prix Final in Fukuoka

関連項目[編集]

リンク[編集]