クロンベルガー・リリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にリリー・クロンベルガーと表記することもあります。
クロンベルガー・リリー

クロンベルガー・リリー(Kronberger Lily、Lily Kronberger、1890年11月12日 - 1974年5月21日)は、ハンガリー出身のフィギュアスケート選手。1908年、1909年、1910年、1911年世界フィギュアスケート選手権女子シングルチャンピオン。

経歴[編集]

主な戦績[編集]

大会/年 1905-06 1906-07 1907-08 1908-09 1909-10 1910-11
世界選手権 3 3 1 1 1 1

備考[編集]

現在のフィギュアスケートでは当たり前となっている演技中の音楽だが、フィギュアスケート黎明期である1900年代初頭にはなかったものであった。1911年世界フィギュアスケート選手権では、ハンガリーの作曲家として有名なゾルターン・コダーイの提案でフリープログラムに伴奏を取り入れた初めての選手となる。この画期的な出来事により、フィギュアスケートでは伴奏が必須のものとなった。

外部リンク[編集]