ヘルマウスへようこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマウスへようこそ
Welcome to the Hellmouth
監督 チャールズ・マーティン・スミス
脚本 ジョス・ウィードン
前作 バッフィ/ザ・バンパイア・キラー
次作 収穫
テンプレートを表示

ヘルマウスへようこそ」(Welcome to the Hellmouth)は、テレビシリーズ『バフィー 〜恋する十字架〜』の第1話。

ストーリー[編集]

バフィーはロサンゼルスの高校からきた転校生。バンパイア・スレイヤーとしての仕事から足を洗い、普通の高校生活を送ろうとしていたが、転校先のサニーデール高校にはウォッチャー・カウンシル(後見人委員会)のジャイルズが司書として赴任していた。仲良しになったコーディリアに誘われ、ブロンズに遊びに行ったバフィーは、同級生のウィローに危機が迫っているのを感じ取る。一方、サニーデールの地下では、ルークらの手によって血の池からマスター(マーク・メトカーフ)が復活しようとしていた[1]

キャスト[編集]

俳優(役名/声優)の順。

メイン・キャスト[編集]

ゲスト出演者[編集]

助演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このシーンはCGによる合成である。
  2. ^ ブライアン・トンプソンは次作の『収穫』のあと、第2シーズンの『誕生日の贈り物』と『高潔』で古代の悪魔ジャッジの役で出演した。
  3. ^ 当初、物語に意外性をだすために2作のみの登場だったエリック・バルフォーをオープニング・タイトルにクレジットさせる案があったが、経費がかかるとの理由で見送られた。
  4. ^ エイミー・チャンスはこのドラマに出演後、女優からメーキャップ係に転向した。
  5. ^ アフロディシアはオリジナル小説の『死霊の王』に脇役として登場している。