変貌 パート1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
変貌 パート1
Becoming Part I
監督 ジョス・ウィードン
脚本 ジョス・ウィードン
前作 魚の逆襲
次作 変貌 パート2
テンプレートを表示

変貌 パート1」(原題: Becoming Part I )は、『バフィー 〜恋する十字架〜』の第2シーズン第21話。第2シーズンの最終回「変貌 パート2」の前編である。

解説[編集]

エンジェルが3人の女性(バフィー、ドゥルーシラ、ダーラ)に初めて出会ったころを描いた作品。デヴィッド・ボレアナズが1人3役を演じている。

ストーリー[編集]

過去[編集]

ロンドン

父親から勘当されたリーアムは友人と飲み歩き、泥酔状態になる。その後、酒場から追い出されたリーアムは暗い路地で日傘をさす女性を見かけ、彼女に近づく。その女性はダーラで、リーアムは首を噛まれ、気を失う前に彼女の血を飲んでしまう。

教会

神父を襲ったアンジェラスは、懺悔室で予知能力を持つ女性ドゥルーシラを知る。そして彼女に対し「悪魔として生きろ」と不適切な忠告をする。

ルーマニア

魂を得たアンジェラスはロマの娘[1]の父親から「一生苦しむがいい」と言い渡される[2]

現在[編集]

博物館のダグ・ペリンは石棺を掘り出し、ジャイルズに鑑定を依頼する。ドゥルーシラはアンジェラスに謎の石棺の話をし、その日の夜、博物館を襲撃し石棺を奪う。その石棺には古代の悪魔アカスラが眠っていた。アカスラを蘇らせる方法を模索するアンジェラスは、ドゥルーシラに高校の図書室を襲撃させ、ジャイルズをさらう。

配役[編集]

※俳優名(役名/声優名)の順。

メイン・キャスト[編集]

特別ゲスト[編集]

ゲスト出演[編集]

助演[編集]

  • シャノン・ウェルズ(ロマの女)
  • ジト・カザン(ロマの娘の父親)
  • ジンジャー・ウィリアムズ(少女)
  • ニーナ・ガービッツ(教師)
クレジットなし
  • ディーン・バトラー(ハンク・サマーズ)※声の出演。
  • ソフィア・クロフォード[4](バンパイア)

脚注[編集]

  1. ^ アンジェラスの犠牲になった少女。
  2. ^ このエピソードは第1シーズン第7話の「エンジェル」とテレビドラマ『エンジェル』の「ゲーム」と関連している。
  3. ^ ウェスラーはスピンオフ作品『エンジェル』にも登場する予定だったが、俳優のマックス・パーリッチの都合がつかず、『エンジェル』の製作時にドイルというキャラクターが新たに作られた。
  4. ^ 本業はスタントマン。『バフィー』では主にバフィー役のサラ・ミシェル・ゲラーの代役を務めた。

外部リンク[編集]