エンジェル (バフィーの登場人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンジェル
生誕 イギリス
職業 バンパイア
私立探偵(「エンジェル」の第1シーズン~第4シーズン)
弁護士(「エンジェル」第5シーズン)
配偶者 ダーラ

エンジェル(Angel)は、「バフィー 〜恋する十字架〜」およびスピンオフ作品「エンジェル」に登場するキャラクター。デイヴィッド・ボレアナズがエンジェル役を演じた。

人物[編集]

略歴[編集]

ロンドンの豪商の長男として生まれる。放蕩癖があり、父親から勘当されたあと、路地でダーラと出会い、バンパイアになる。

各地で残虐行為に手を染めたが、ロマの呪いをかけられ魂を得る。

サニーデールではバンパイア・スレイヤーのバフィーと恋に落ちるが、彼女の母親に交際を反対され、ロサンゼルスに移り住む。

ロサンゼルスではコーディリア、ドイルとともに探偵事務所を開く。

『エンジェル』第5シーズンでウルフラム&ハートのCEOとなるが『After the Fall』最終章で辞職する。

その後、バフィーの討伐を決意し、トワイライトと名乗る。[2]

家族[編集]

ヨーロッパに居住していたとき、妹が1人いた。バンパイアになったあとの家族は以下のとおり。

ダーラ
妻。エンジェルのサイヤー。
コナー
エンジェルとダーラの息子。
コーディリア・チェイス
元恋人バフィーの高校時代の同級生。息子コナーの妻。
ジャスミン
コーディリアとコナーの娘。エンジェルの孫にあたる。

身体的特徴[編集]

バンパイアであるが故、日光に弱い。しかし、コミック『Aftermath』以降は直射日光でも耐えられる。

性格[編集]

ひとつの肉体にエンジェルとアンジェラスの2つの人格が同居する。ロマの呪いのため普段アンジェラスの人格は封印されているが、真の幸福を味わったとき呪いは解ける。

エンジェル

性格は温厚で寡黙。

アンジェラス

饒舌なプレイボーイ。ただし、変質者の側面を持つ。

友人関係[編集]

ヨーロッパ[編集]

マスター
ダーラのサイヤー。
スパイク
エンジェルの弟子。
ドゥルーシラ
エンジェルの愛人。
ジェームズ・ホルツ
エンジェルの親友。
エリザベス
ホルツの恋人。

サニーデール[編集]

バフィー・アン・サマーズ
エンジェルがサニーデールに居住していたころの恋人。
ウィロー・ローゼンバーグ
バフィーの友人。
ルパート・ジャイルズ
バフィーのウォッチャー。

ロサンゼルス[編集]

ケイト・ロックリー
ロス市警の刑事。
ニーナ・アッシュ
現在の恋人。人狼。
ウィニフレッド・バークル
エンジェルが地獄から救出した女子大生。
グウェン・ライデン
コミック『After the Fall』での仕事上のパートナー。
ウェスラー
悪魔。当局からの使い。

脚注[編集]

  1. ^ Twilight』参照。
  2. ^ コミック『Last Gleaming』参照

外部リンク[編集]