フランツ・アドルフ・ベルワルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・アドルフ・ベルワルド
Franz Adolf Berwald
}
基本情報
出生 1796年7月23日
スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
死没 1868年4月3日(満71歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
ジャンル クラシック音楽
ロマン派
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
担当楽器 ヴァイオリン

フランツ・アドルフ・ベルワルドフランス・アードルフ・ベールヴァルド、Franz Adolf Berwald, 1796年7月23日 - 1868年4月3日)はストックホルムに生れ同地で没したスウェーデンヴァイオリン演奏家で作曲家。作曲は独学と言われ、半音階的な和声進行が特徴的な、きわめて独自の作風をとった。そのため生前はなかなか理解されなかったが、現在では近代スウェーデン音楽の基礎を作った1人として認められている。

略歴[編集]

  • 1811年 - 15歳 王立管弦楽団の指揮者Du Roy(もしくはJ.B.E. Dupuy?)に師事。
  • 1812年 - 16歳 以後1828年 (32歳)まで王立管弦楽団の奏者を務める。その間北欧中心に演奏旅行をする。
  • 1829年 - 33歳 ベルリンへ移る。
  • 1835年 - 39歳 整形外科を開業。
  • 1841年 - 45歳 ウィーンへ移る。作曲家としての成功を収める。
  • 1850年 - 54歳 1858年までガラス器工場を経営する。
  • 1868年 - 72歳 4月3日 ストックホルムで没する。

生涯[編集]

ベルワルドは4代にわたった音楽家の家系に生まれ、幼児期から、宮廷歌劇場ヴァイオリン奏者の父親にヴァイオリンを学び、まもなく演奏会に出演するようになった。1811年にスウェーデン国王カール13世ヨハングスタフ3世の弟)が実権を握り、宮廷礼拝堂を回復すると、その翌年にベルワルドは同礼拝堂に就職し、エドゥアール・デュピュイ(Edouard Dupuy)に師事しながら、宮廷楽団や宮廷歌劇場でヴァイオリンを演奏した。また、作曲も手掛けるようになる。夏は宮廷楽団のシーズンオフだったので、ベルワルドはスカンジナビアフィンランドロシアで巡演した。この頃にベルワルドは「七重奏曲」や「セレナーデ」を作曲しており、まだ音楽にやりがいを覚えていた。

1818年にベルワルドは『音楽新聞』(Musikalsk journal)を創刊(のちフランス語Journal de musiqueに名称変更)、これは自作も含めて、さまざまな作曲家による簡単なピアノ曲を載せた季刊誌であった。1821年に「ヴァイオリン協奏曲 嬰ハ短調」が弟アウグストにより初演されるが、評判は芳しくなく、緩徐楽章の最中に笑い出す聴衆さえいた。

1825年に父親が没すると、実家の経済状況が急に悪化したため、ベルワルドは複数の奨学金を得ようとしたが、辛うじて王室から奨学金を得られたに過ぎなかった。しかし、そのためベルリンに留学することができ、懸命にオペラの創作に取り組んだが、舞台にかける機会には恵まれなかった。生計を立てるために、ベルワルドは1835年にベルリンに整形外科理学療法診療所を開業したところ、収入に恵まれた。ベルワルドの発明した整形外科の器具は、その後100年間にわたって利用された。

だが、ベルリン時代にベルワルドは作曲をやめており、1841年にウィーンに転居し、マティルデ・シェーラー(Mathilde Scherer)と結婚した。1842年ウィーン・レドゥーテンザールの演奏会でとりあげられた自作の交響詩が絶賛されたため、ベルワルドはその後3年以上を費やして、4つの交響曲を書き上げた。

交響曲第1番ト短調「まじめな交響曲」("Serieuse")は、ベルワルドの生前に初演された唯一の交響曲で、1843年に従兄弟ヨハン・フレデリックの指揮により、宮廷歌劇場管弦楽団により上演された。その演奏会では、ベルワルドのオペレッタ「Jag gar i kloster」もとりあげられたが、その成功はイェニー・リンド(Jenny Lind)のおかげであると見なされている。

ベルワルドの作品は、スウェーデンでは作曲者の存命中には理解されず、新聞上の評論に敵意さえ引き起こしたが、ドイツオーストリアではもう少しましだった。ザルツブルクモーツァルテウム1847年にベルワルドを名誉会員に加えた。

ベルワルドは1849年にスウェーデンに帰国し、アマチュア音楽家のルドヴィク・ペトレ(Ludvig Petre)が所有する AngermanlandのSandoで ガラス工房を経営した。その間ベルワルドは、室内楽に注意を向けた。

ベルワルドのオペラのうち、存命中に上演されたものは数少ないが、その1つ「ソリアのエストレッラ」は1862年4月に宮廷劇場で初演された際、大いに喝采を浴び、同月のうちに4回追加公演が行われた。この成功に続いて「Drottningen av Golconda」が作曲され、1864年に上演される運びになっていたが、宮廷歌劇場の監督者の交代により、実現されなかった。

1866年にベルワルドは、音楽的な業績に鑑みて the Order of the North Star 褒章を授与された。1867年ストックホルム音楽院は、それまで彼の志願をはねつけてきたにもかかわらず、死の直前になって、ベルワルドを作曲家教授に任命した。その頃には多くの重要な依頼が舞い込んでいたが、それらを実行できるだけの寿命が彼には残されていなかった。

ベルワルドは1868年にストックホルムで肺炎のために死去し、同地の Norra begravningsplatsen に埋葬された。葬儀では、交響曲第1番から第2楽章が演奏された。

主な作品[編集]

エドゥアルト・ハンスリックは、1869年の著書『ウィーンの演奏会の歴史Geschichte des Concertwesens in Wien』の中で、ベルワルドのことを「人となりは刺激的で機転に富むが、奇抜なきらいがあった。作曲家としては創作力や想像力に欠けていた」と開陳している。一方で、ベルワルド亡き後の作曲家のルードヴィグ・ヌールマン‎トール・アウリンヴィルヘルム・ステーンハンマルらが、ベルワルド作品の普及に尽力したため、ベルワルドがスウェーデンの「最も独創的で近代的な作曲家」(ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル著『Dagens nyheter』)として理解されるのに、そう長くはかからなかった。カール・ニールセンはベルワルドについてこう述べた。「メディアや金や権力は、すぐれた芸術を害することも、役立つこともできない。そうした例は、自作のために前進し、創作し、立ち上がる実直できちんとした芸術家たちのうちに、いつでも見出せる。スウェーデンにその最上の例がある――ベルワルドだ。」

ベルワルドの死から10年、交響曲第4番変ホ長調「素朴な交響曲」("Naive")が1878年に初演された。もともと1848年パリ初演の計画だったが、1848年革命のために延期されたのである。だがこれも、ほかの2曲、交響曲第2番ニ長調「気まぐれな交響曲」("Capriceuse")と交響曲第3番ハ長調「風変わりな交響曲」("Singuliere")に比べればわりあい早い。これら2曲は、20世紀まで初演されなかったのである。

代表的な作品[編集]

参考書籍[編集]

  • Robert Layton, editor, A Guide To The Symphony, Chapter 13, "The Symphony in Scandinavia", written by Robert Layton.

関連項目[編集]

SF短編。作品中に登場する4つの人工衛星の名称が「ベルヴァード」、「セリューズ」、「カプリシューズ」、「サンギュリエール」となっている。「ベルヴァード」はベルワルドから、他3つは交響曲の標題からの引用。

外部リンク[編集]