ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル
Wilhelm Olof Peterson-Berger
}
基本情報
出生 1867年2月27日
スウェーデンの旗 スウェーデン、ウランゲル
死没 1942年12月3日(満75歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン、エステサンド
ジャンル クラシック音楽
ロマン派
職業 作曲家
音楽評論家

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエルWilhelm Olof Peterson-Berger, 1867年2月27日 - 1942年12月3日)は、スウェーデン作曲家、音楽評論家。ピアノ曲集『フレースエーの花々』は代表作としてスウェーデン国内では有名。音楽評論家としてとはその毒舌のために怖れられた。

生涯[編集]

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエルは、スウェーデン北部のボスニア湾に面する海岸のウランゲル(Ullanger)で1867年に生まれ、北部のヴァステルボーテン(Vasterbotten)海岸で学校生活を送った。

音楽の素養は母から受け継いだ。母がベートーヴェンの月光ソナタを弾くのに聴きほれたのが、最初の音楽体験とされている。ピアノ即興演奏し、作曲することに生涯情熱を傾けた。

1886年にストックホルムの王立音楽大学オルガン科に入学。すぐに作曲科で学ぶことも認められた。

スウェーデンの中部地域で西にノルウェーと接している山岳地イェムトランド(Jamtland)は、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエルを魅了した土地であり、インスピレーションの源だった。初めてのエムトランド訪問は1889年の夏。翌年夏に、友人たちとハイキングに行って、歌を作っては演奏した記録がある。

1895年秋にストックホルムへ移り、音楽批評を始めた。翌年には、スウェーデンの大手新聞ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)の音楽評論家として雇用され、1930年までそのポストにあった。彼の批評は正直であるが刺があり、評論は大衆に受け入れられて読まれたが、同時に敵意と嫉妬を煽った。

この期間は、作曲家としては危機の時代であった。管弦楽作品では、5曲の交響曲のうち認められたのは第3番『ラップランド』、歌劇は『アルンヨート』だけだった。同時代の作曲家ヒューゴー・アルヴェーンヴィルヘルム・ステーンハンマルと比べると、どうしてもその影は薄い。

1914年にイェムトランドのストゥーシェン(Storsjon)湖にあるフレースエー(Frösö)島に別荘「ソンマルハーゲン」を作り、自分では世界で最も美しい景色の土地と称していた。1930年より、その地に永住した。

1896年にピアノのために8曲の小品を発表し、作曲家としては成功したと見なされる。その作品が『フレースエー島の花々』である。

この作品はエドヴァルド・グリーグの『叙情小曲集』を彷彿とさせ、さらにシューマンの影響を見ることができるが、すでにペッテション=ベリエルの作風が明瞭である。すなわち、表現力豊かな旋律、新鮮で独特な和声、柔軟なリズムなどである。

1942年12月にエステサンドの病院で逝去。病室の窓からは、遠くフレースエー島を望むことができたという。

ペッテション=ベリエルがスウェーデン国民によって認められたのは、多くのピアノ小品、ロマンサー(北欧の歌曲)と合唱曲を通してであった。死後50年たっても、ペッテション=ベリエルは未だに全てのスウェーデンのクラシック音楽の最も人気がある作曲家の一人である。

主な作品[編集]

管弦楽曲[編集]

交響曲は5曲が残されている。

交響曲第2番『旅は南風とともに』(1910)は、当時ドイツより南に行ったことなかった作曲者が、南国を思い描きながら作曲したもの。序奏に続く主旋律は底抜けに明るい。

交響曲第3番『ラップランド』(1915)は、第2番とは反対に、北部を題材にしている。ラップランドはスウェーデンとフィンランドの国境付近であり、その民謡を素材として交響曲が作られた。管弦楽にピアノを加えていること、第2楽章スケルツォで独特の8分の10拍子のリズムを用いていることなどが特徴である。

ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス』(1915)は、10分程度の協奏曲的作品。切なくも美しいヴァイオリンの旋律が聴くものの心をとらえる。

ピアノ曲[編集]

代表作『フレースエーの花々』(Frösöblomster,『フレセ島の花々』などとも訳される)は、3巻からなり、それぞれ6曲から8曲を含む。技巧的には決して難易度の高くない曲だが、芸術的な完成度は高い。

  • 第1巻(Op.16,1896)
    • 帰還
    • 夏の歌
    • ローンテニス
    • 薔薇に寄す
    • お祝い
    • フレースエーの教会で
    • 夕暮れに
    • 挨拶
5曲は管弦楽に編曲
  • 第2巻(1900)
    • お日様への挨拶
    • イェムトランド
    • 森の奥深く
    • 聖ローレンスの祝日に
    • 浜辺に寄せる波
    • 想い出
  • 第3巻(1914)
    • 前奏曲
    • 夏の隠れ家に入居して
    • 夕べの風景
    • 民衆のユーモア
    • 荒野の招き
    • ポプラの木の下で
    • 何年も過ぎ

歌曲[編集]

スウェーデン民謡に基づく歌曲が多数。ピアノの伴奏が美しいことでも有名。

6曲のオペラがある。

  • 『ラン』(1903)
  • 『アルンヨート』(1910)