ピエール・テイヤール・ド・シャルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・テイヤール・ド・シャルダン

ピエール・テイヤール・ド・シャルダンPierre Teilhard de Chardin1881年5月1日 - 1955年4月10日)は、フランス人のカトリック司祭イエズス会士)で、古生物学者・地質学者、カトリック思想家である。

人物・来歴[編集]

主著『現象としての人間』で、キリスト教進化論を提唱し、20世紀の思想界に大きな影響を与える。彼は創世記の伝統的な創造論の立場を破棄した。当時、ローマはこれがアウグスティヌス原罪の教理の否定になると考えた。北京原人の発見と研究でも知られる。

テイヤールは、1881年フランスオーヴェルニュ地方に11人兄弟の4人目として生まれた。彼の家はルイ18世時代に叙爵された貴族の家柄である。この地方は火山性地質で、父エマニュエル・テイヤールがアマチュアの自然学者だったこともあり、テイヤールの地質学や古生物学への関心は少年時代に育まれた。1899年、イエズス会の修練院に入り、修練士として学ぶが、修道会がフランスより追放されたことで、ジャージー島へと移動し哲学を学ぶ。その後、物理学・化学の教師として、エジプトカイロのイエズス会高等学校に派遣され、エジプトで教師として勤務しつつ、発掘調査などを個人で行う。

1911年、イギリスにおいて司祭に叙階される。パリ自然歴史博物館(en:Muséum national d'histoire naturelle)で、古生物学者マルブリン・ブルの弟子となる。1922年、パリ博物館で博士号を取得し、パリのカトリック学院の教授となる。同じイエズス会士リセント神父と出会ったテイヤールは中国に招かれ、地質学と考古学を学び、モンゴルオルドス等への科学的研究旅行を行う。

1924年、パリに一時帰国したテイヤールは、上長より彼の思想に問題があることを指摘され、中国へと再び戻る。1929年10月、テイヤールとカナダ人研究者ブラックは、パリ博物館に電報を打ち、北京原人の発見を報告する。周口店で発見された旧石器時代石器を鑑定して、北京原人がこれらの石器を使用していたと判断した。この後、テイヤールは、ゴビ砂漠中央アジアインドビルマジャワへと研究旅行に出かける。

1939年、日本軍の進出により、北京在住の外国人は軟禁状態となるが、テイヤールは、進化についての思索に没頭し、『現象としての人間 (Le Phénomène Humain)』を執筆する。

1945年第二次世界大戦終了後、テイヤールは考古学者としての名声のなかでヨーロッパに戻るが、カトリック教会及びイエズス会はテイヤールの思想を危険なものと見做し、彼をニューヨークへと移転させる。ニューヨークで過ごす日々のあいま、彼はアフリカへと旅し、当時、発見されて間もなかった、アウストラロピテクスの研究にも携わった。1955年、ニューヨークにてテイヤールは逝去する。

思想[編集]

『現象としての人間』に代表されるテイヤールのキリスト教的進化論は、当時、進化論を承認していなかったローマ教皇庁によって否定され、危険思想、異端的との理由で、その著作は禁書とされた(テイヤールの死後になって、禁書処置は解かれた)。

しかし『現象としての人間』は、草稿版の複写が作成され、回覧されて、多数の人の読むところとなった。テイヤールは、古生物学上での人類の進化過程を研究し、人類の進化に関する壮大な仮説を提示した。

宇宙は、生命を生み出し、生物世界を誕生させることで、進化の第一の段階である「ビオスフェア(生物圏、Biosphère)」を確立した。ビオスフェアは、四十億年の歴史のなかで、より複雑で精緻な高等生物を進化させ、神経系の高度化は、結果として「知性」を持つ存在「人間」を生み出した。

人間は、意志と知性を持つことより、ビオスフェアを越えて、生物進化の新しいステージへと上昇した。それが「ヌースフェア(叡智圏、Noosphère)」であり、未だ人間は、叡智存在として未熟な段階にあるが、宇宙の進化の流れは、叡智世界の確立へと向かっており、人間は、叡智の究極点である「オメガ点(Ω点、Point Oméga )」へと進化の道を進みつつある。

「オメガ」は未来に達成され出現するキリスト(Christ Cosmique)であり、人間とすべての生物、宇宙全体は、オメガの実現において、完成され救済される。これがテイヤールのキリスト教的進化論であった。

批判と意味[編集]

テイヤールは、古生物学と生物進化に関する学識と洞察によって、壮大な科学的進化の仮説を提示した。しかし、テイヤールの進化論は、実証科学の立場より批判を受けた。

テイヤールの主張は、進化に関する科学的事実に基づいた記述を行いつつ、科学では実証されていないし、確認もできない想像領域で臆断的な命題を導入し、論理的誤謬の上に、その進化論を築いていると言うものである。

実証科学においては、テイヤールの誤謬は明確である。しかし、哲学的ヴィジョンとしては、オメガすなわちキリスト、全知全能の神が、進化の目的であり、進化の極致にあって神が生まれるとの思想は、20世紀にあって独自な思想であった。

著作[編集]

  • Le Phénomène Humain (1955年) 「現象としての人間」
  • L'Apparition de l'Homme (1956年)
  • La Vision du Passé (1957年)
  • Le Milieu Divin (1957年)
  • L'Avenir de l'Homme (1959年)
  • L'Énergie Humaine (1962年)
  • L'Activation de l'Énergie (1963年)
  • La Place de l'Homme dans la Nature (1965年) 「自然のなかの人間の位置」
  • Science et Christ (1965年) 「科学とキリスト」
  • Comment je crois (1969年)
  • Les Directions de l'Avenir (1973年)
  • Écrits du Temps de la Guerre (1975年)
  • Le Cœur de la Matière (1976年)
邦訳
  • 『テイヤール・ド・シャルダン著作集』 全11巻 みすず書房
  • 『愛について』 1974年(山崎庸一郎訳、ISBN 9784622004004)みすず書房
  • 『神のくに・宇宙讃歌』 1984年(宇佐見英治・山崎庸一郎訳、ISBN 9784622003618)みすず書房
  • 『現象としての人間』 1985年(美田稔訳、ISBN 9784622003632)みすず書房
  • 『新訳 神の場―内面生活に関するエッセイ』 2006年(美田稔訳、ISBN 9784772704496)五月書房
  • 『物質の核心』 2009年(美田稔訳、ISBN 9784872320138)カトリック淳心会オリエンス宗教研究所

テイヤール・ド・シャルダン奨学金[編集]

上智大学には、テイヤール・ド・シャルダンを記念して制定された「テイヤール・ド・シャルダン奨学金」がある。

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • テイヤール・ド・シャルダン 『現象としての人間』 (美田稔訳、ISBN 9784622003632)みすず書房
  • 市井三郎 『歴史の進歩とは何か』 (ISBN 9784004130024)岩波書店
  • アミール・D・アクゼル『神父と頭蓋骨-北京原人を発見した「異端者」と進化論の発展』(林大訳、ISBN 9784152091390)早川書房

外部リンク[編集]