有神的進化論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有神的進化論(ゆうしんてきしんかろん、Theistic evolution)とは、進化論を受け入れ、神が進化によって人間を含む生物を創造したとする説。この立場では、創世記天地創造寓喩的に解釈する[1]。また霊感論では、進化論の影響を受け、部分的な誤りが聖書にあると見なすところから部分的霊感説が出てくると指摘されている[2]日本基督教団亀有教会牧師鈴木靖尋は、日本基督教団の牧師の95%が部分霊感であり、有神的進化論の支持者であるとしている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Evangelical Dictionary of Theology
  2. ^ 内田和彦『神の言葉である聖書』近代文芸社
  3. ^ 聖書信仰に立つ-創世記3:1、マタイ4:3-42010年2月21日亀有教会鈴木靖尋牧師

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「有神的進化論」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。