パラフィソルニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラフィソルニス
生息年代: Late Oligocene–Early Miocene
Paraphysornis brasiliensis 1.jpg
骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ノガンモドキ目 Gruiformes
: フォルスラコス科 Phorusrhacidae
亜科 : ブロントルニス亜科 Brontornithinae
: パラフィソルニス属 Paraphysornis
学名
Paraphysornis
Alvarenga, 1982
  • P. brasiliensis

パラフィソルニス (Paraphysornis) は、絶滅したフォルスラコス科恐鳥類の一つ。2300万年前のブラジルに棲息していた。全長は約2メートルで、頭骨は60センチメートル。 現在のところ、Paraphysornis brasiliensis 1種のみが確認されている。

復元図
頭骨

脚注[編集]

Alvarenga, H.M.F. 1982. Uma gigantesca ave fóssil do cenozóico brasileiro: Physornis brasiliensis sp. n. Anais da Academia Brasileira de Ciências 54(4):697-712.

執筆の途中です この項目「パラフィソルニス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類