ハングオーバー!!! 最後の反省会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハングオーバー!!! 最後の反省会
The Hangover Part III
監督 トッド・フィリップス
脚本 トッド・フィリップス
クレイグ・メイジン英語版
原作 キャラクター創造
ジョン・ルーカス英語版
スコット・ムーア英語版
製作 トッド・フィリップス
ダン・ゴールドバーグ英語版
製作総指揮 スコット・バドニック
トーマス・タル
J・C・スピンク
出演者 ブラッドレイ・クーパー
エド・ヘルムズ
ザック・ガリフィアナキス
ケン・チョン
ヘザー・グラハム
ジェフリー・タンバー
ジャスティン・バーサ
ジョン・グッドマン
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ローレンス・シャー
編集 デブラ・ネイル・フィッシャー
ジェフ・グロス
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
グリーン・ハット・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年5月23日
日本の旗 2013年6月28日
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $103,000,000[2][3]
興行収入 $275,205,225[3]
前作 ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
テンプレートを表示

ハングオーバー!!! 最後の反省会』(ハングオーバー!!! さいごのはんせいかい、The Hangover Part III)は、レジェンダリー・ピクチャーズ製作、ワーナー・ブラザーズ配給による2013年のアメリカ合衆国コメディ映画である。2011年の『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の続編であり、『ハングオーバー!』シリーズの第3作兼最終作となる。出演はブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキスケン・チョンヘザー・グラハムジェフリー・タンバージャスティン・バーサジョン・グッドマン、監督はトッド・フィリップス、脚本はフィリップスとクレイグ・メイジン英語版である。2013年5月23日に公開された。日本公開時のキャッチコピーは「もう、しません。」。

あらすじ[編集]

バンコクでの二日酔い騒動(『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』)から2年。バンコクの刑務所に収監されていたミスター・チャウ(ケン・チョン)が脱獄に成功した。

ロサンゼルスでは、アラン(ザック・ガリフィアナキス)はキリンを購入し、車に乗せて高速道路を快走していた。ところが、高架橋でキリンの首が吹っ飛び、高速道路は大惨事となる。この『首なしキリン』騒動は、全国ニュースで報道されてしまう。父親のシド(ジェフリー・タンバー)は反省の色がないアランに激怒し、そのまま天国へ逝ってしまう。 シドの葬式では、アランは相変わらず子供じみた振る舞いをしていた。アランの義理の兄であるダグ(ジャスティン・バーサ)は、フィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)に、アランを入院させて精神的な治療を受けさせたいという相談する。フィルとステュ、ダグの説得により、アランは渋々承諾し、”狼軍団”の4人は車を走らせる。

道中、黒いダグ(マイク・エップス)らの謎の集団に襲撃され、ダグを拉致される。大物ギャングのマーシャル(ジョン・グッドマン)はアランたちに、「俺の金塊を半分盗んだチャウを捜せ」と命ずる。行方知れずのチャウとアランはメル友だったのだ。そんな中、チャウからアラン宛にメールが届き、メキシコのティフアナで再会の約束をする。

チャウに薬を盛って拉致しようとしたが、見破られてしまう。チャウは激怒するが、アランたちは事情を話し、マーシャルへ金塊を返却することにチャウは同意する。金塊は旧チャウ邸の地下ワインセラーに隠してあるという。4人は警報装置を無力化して旧チャウ邸のワインセラーに侵入し、金塊を手に入れる。ところが、チャウは3人をワインセラーに閉じ込め、わざと警報装置を作動させ、1人逃亡してしまう。アランたちは警察に逮捕されるが、何者かの手引きで釈放される。迎えのリムジンが向かった先は旧チャウ邸だった。その豪邸は実はマーシャル邸である。チャウはアランたちをだまし、マーシャルの金塊を再び盗んだのである。マーシャルはアランたちに、チャウを捕まえるよう命じる。アランたちは「2度と来ない」と誓ったラスベガスへ、再び足を踏み入れる。

アランたちは金塊を買い取る店を見つける。アランは店員の女性(キャシー)と意気投合する。アランとキャシーはアメを舐めあって愛を確かめる。キャシーは、チャウがこの店に金塊を売りに来たことを教える。チャウが高級ホテルシーザーズ・パレスのペントハンスで売春婦らとともにドラッグパーティーに興じていることを突き止めた。アランとフィルは、ホテルのセキュリティをかいくぐって侵入し、屋上からチャウのいる階へ降下した。チャウを見つけるが、チャウはスカイダイビングを行い、逃走した。階下のリムジンで待機していたステュはチャウを追うが、チャウはステュの車上に墜落する。アランたちはチャウをリムジンのトランクに閉じ込め、マーシャルのもとへ向かう。

マーシャルはチャウが閉じ込められているトランクに向かって発砲するが、トランクは空である。車上にいたチャウはマーシャル一味を射殺する。アランがチャウをトランクから出し、銃を渡していたらしい。チャウはアランの友情を喜び、金塊を渡そうとするが、仲間を傷つけるチャウに嫌気をさしアランは拒絶する。アランは悪友であるチャウと決別し、全うな人間になることを決心していた。

アランはキャシーの店に訪れ、プロポーズする。半年後、アランとキャシーは結婚式を挙げる。フィルとステュ、ダグはアランが立派になったことを喜び、キャシーとの結婚を祝福する。と、ここで画面は白転しエンドクレジットロールとなるが、クレジットラストにもシリーズならではのオチが待っている。見てのお楽しみ!

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フィル・ウィネック ブラッドレイ・クーパー[4] 桐本琢也
スチュアート・"スチュ"・プライス エド・ヘルムズ[4] 永井誠
アラン・ガーナー ザック・ガリフィアナキス[4] 奈良徹
レスリー・チャウ ケン・チョン[5] 岡野浩介
ダグ・ビリングス ジャスティン・バーサ[4] 川中子雅人
マーシャル ジョン・グッドマン[6] 石住昭彦
キャシー メリッサ・マッカーシー[7] 勝生真沙子
ジェイド ヘザー・グラハム[8] 小林さやか
シド・ガーナー ジェフリー・タンバー[9] 田原アルノ
リンダ ソンドラ・カリー 福脇慶子
トレイシー・ビリングス サーシャ・バレス[10] 佐古真弓
黒い方のダグ マイク・エップス[11] 柳沢栄治
ローレン・プライス ジェイミー・チャン[9] 原島梢
タイラー グラント・ホルクイスト 石田嘉代
キャシーの老母 ベティー・マーフィー 宮沢きよこ
ニコ マイク・バレー 山本兼平
助手 オリバー・クーパー 矢野智也
ヘクター ジョニー・コイン 齋藤龍吾

製作[編集]

2011年5月、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の公開前日にトッド・フィリップス監督は「既に3作目を準備中であるが、まだ脚本は出来ておらず、開始日も未定だ」と述べた[12]。同月中に共同脚本のクレイグ・メイジン英語版は3作目の脚本執筆の協議に入った[13]

2011年12月、ブラッドレイ・クーパーは『ハングオーバー!!』のDVDとBlu-rayのプロモーションのために『The Graham Norton Show』に出演し、『ハングオーバー!!!』を2012年9月に撮影開始することを「希望」し、またフィリップスが脚本作業中であることを明かした[14]。2012年1月、ブラッドレイ・クーパー、ザック・ガリフィアナキスエド・ヘルムズがそれぞれ1500万ドルの出演料で交渉されていることが報じられた[4]。2月、マイク・タイソンが続投が報じられたが[15]、後にタイソンはこれを否定した[16]

2012年3月、ワーナー・ブラザーズは前作と同じく戦没将兵追悼記念日の週末に合わせた2013年5月24日公開予定であることを発表した[17]。6月、3作目では再びラスベガスが舞台となり、ラスベガス・ストリップシーザーズ・パレスで撮影されることが報じられた。また報道ではロサンゼルスティフアナでも撮影され、アランが精神病院から脱走する物語であると言われた[18]

2012年7月、ケン・チョンは大幅に重要な役割となったチャウ役を再演することに合意した[5]。同月、「黒い方のダグ」役を務めたマイク・エップスへ再出演交渉が行われた[11]。8月、ヘザー・グラハムがストリッパーのジェイド役で復帰することが報じられた[8]。さらに後日、サーシャ・バレス英語版がダグの妻のトレイシー役を続投することが報じられた[10]。同月、ジョン・グッドマンへの出演交渉が行われた。グッドマンの役どころは、前作でポール・ジアマッティが演じたキャラクターの流れを汲む悪役である[6]。9月、ジャスティン・バーサが続投する契約を交わしたことを『The Stephanie Miller Show』で明かした[19]

主要撮影は2012年9月10日にカリフォルニア州ロサンゼルスで開始された[9][20]。翌週、メリッサ・マッカーシーが端役で出演交渉され、またリーラ・ローレンが警察官役を務めることが報じられた[7][21]。10月8日、撮影はアリゾナ州ノガレス英語版に移った。ここはティフアナのダブルとして撮られた[22][23]。10月20日と21日にはカリフォルニア州オレンジ郡73 Toll Roadのストレッチが撮影のために封鎖された[24]。同月末に撮影はラスベガスに移った[25]。11月16日、主要撮影がラスベガスで完了した[26]

サウンドトラック[編集]

The Hangover Part III
多数のアーティスト の サウンドトラック
リリース 2013年5月21日
録音 2013年
ジャンル サウンドトラック
時間 29:29
レーベル WaterTower Music
テンプレートを表示

サウンドトラック盤である『The Hangover Part III: Original Motion Picture Soundtrack』が2013年5月21日に発売された[27]

トラックリスト[編集]

# タイトル 歌手 時間
1. MMMBop英語版」   ハンソン 4:30
2. My Life」   ビリー・ジョエル 4:43
3. 「Ave Maria」   フレッチャー・シェリダン 1:05
4. 「Everybody’s Talkin’」   ハリー・ニルソン 2:50
5. Down in Mexico英語版」   ザ・コースターズ 3:14
6. 「Hurt」   ケン・チョン 1:22
7. 「Mother ’93」   ダンツィヒ英語版 3:24
8. Fuckin' Problems英語版」   エイサップ・ロッキー featuring 2チェインズドレイク & ケンドリック・ラマー 3:53
9. I Believe I Can Fly」   ケン・チョン 0:12
10. 「Fever」   ザ・クランプス 4:16
合計時間:
29:29

公開[編集]

2013年5月初め、ワーナー・ブラザーズはユニバーサル・ピクチャーズの『ワイルド・スピード EURO MISSION』との競合を避けるために当初の予定から1日前倒しした2013年5月23日公開に変更した[28]。プレミア上映はカリフォルニア州ロサンゼルスのウェストウッド・ヴィレッジ・シアターで開催された[29]

興行収入[編集]

2013年6月14日時点でアメリカ合衆国とカナダで1億470万5225ドル、その他の国々で1億7050万ドル、全世界合算で2億7520万5225ドルを売り上げている[3]

アメリカ合衆国とカナダでは2013年5月23日木曜の拡大公開に先立った水曜の深夜上映では310万ドルを売り上げた[30]。事前予想では公開5日間で8000万ドルの売り上げが予想されていたが、実際は約5000万ドルに終わり、『ハングオーバー!!』の5日間成績1億3500万ドルを大幅に下回った[31]

国際市場ではR指定コメディとしては『ハングオーバー!!』に次ぐ初動成績を記録し、また『ワイルド・スピード EURO MISSION』を抑えた[29]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは180件のレビューで支持率は20%となった[32]Metacriticでは37件のレビューで加重平均値は30/100となった[33]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ホーム・ビデオよりBlu-ray / DVDが発売。

  • 【初回限定生産】ハングオーバー!!! 最後の反省会 ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2013年11月6日発売)
  • 【初回限定生産】ハングオーバー トリロジー ブルーレイBOX(Blu-ray3枚組、2013年11月6日発売)

参考文献[編集]

  1. ^ THE HANGOVER PART III (15)”. British Board of Film Classification. 2013年5月3日閲覧。
  2. ^ Kaufman, Amy. “'Fast & Furious 6' to leave 'The Hangover Part III' in the dust”. Los Angeles Times. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ a b c The Hangover Part III (2013)”. Box Office Mojo. Amazon.com (2013年5月1日). 2013年6月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e Kit, Borys (2012年1月25日). “'Hangover 3' Stars Nearing Deals for Big Pay Increases (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/hangover-3-bradley-cooper-zach-galifianakis-ed-helms-salary-284538 2012年9月7日閲覧。 
  5. ^ a b Siegel, Tatiana; Belloni, Matthew (2012年7月12日). “Ken Jeong Signs on for Expanded Role in 'Hangover: Part III' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/ken-jeong-hangover-3-expanded-role-348694 2012年9月7日閲覧。 
  6. ^ a b Kroll, Justin (2012年8月16日). “John Goodman in talks for 'Hangover III'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057913 2012年9月7日閲覧。 
  7. ^ a b Kroll, Justin; Sneider, Jeff (2012年9月19日). “Melissa McCarthy feeling a 'Hangover'”. Variety. オリジナル2012年9月20日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6ApGSFjYX 2012年9月20日閲覧。 
  8. ^ a b Kit, Borys (2012年8月9日). “Heather Graham Back for 'Hangover Part III'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/heather-graham-hangover-3-zach-galifianakis-360552 2012年9月7日閲覧。 
  9. ^ a b c The Hangover Part III Details Revealed as Production Begins”. ComingSoon.net (2012年9月10日). 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。
  10. ^ a b McNary, Dave (2012年8月13日). “Sasha Barrese set for 'Hangover 3'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057756 2012年9月7日閲覧。 
  11. ^ a b Kroll, Justin (2012年7月20日). “Mike Epps eyes return to 'Hangover' pics”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118056882 2012年9月7日閲覧。 
  12. ^ Horn, John (2011年5月22日). “Todd Phillips keeps 'em laughing”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/news/la-ca-todd-phillips-20110522,0,7199849.story?page=1 2011年6月1日閲覧。 
  13. ^ Kit, Borys (2011年5月31日). “'Hangover II' Co-Writer in Early Talks for Third Installment”. The Hollywood Reporter. オリジナル2011年7月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zr474gOW 2011年6月1日閲覧。 
  14. ^ Fernandez, Sofia (2011年12月6日). “Bradley Cooper Eager to Shoot 'Hangover III'; Says Todd Phillips Is Working on Script (Video)”. The Hollywood Reporter. オリジナル2012年3月23日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/66NeGtVFd 2012年3月23日閲覧。 
  15. ^ Cofield, Steve (2012年2月21日). “Mike Tyson to host one-man show on the Las Vegas strip, 'Tyson: The Raw Truth'”. Yahoo! Sports. 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月23日閲覧。
  16. ^ Mike Tyson I'm NOT in the Next 'Hangover' Movie”. TMZ.com (2012年11月28日). 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月3日閲覧。
  17. ^ Stewart, Andrew (2012年3月22日). “'Hangover' threequel set for May 24, 2013”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118051797?refCatId=13 2012年3月23日閲覧。 
  18. ^ Leach, Robin (2012年6月4日). “Strip Scribbles: 'Hangover 3' to film in L.V.; Gordon's new chef; Celine talks illness”. Las Vegas Sun. http://www.lasvegassun.com/news/2012/jun/04/strip-scribbles-hangover-3-film-lv-gordons-new-che 2012年6月11日閲覧。 
  19. ^ Justin Bartha talks 'the New Normal' in Gay Rights. The Stephanie Miller Show. Current TV.. (2012年9月10日). 該当時間: 2:28. http://current.com/shows/talking-liberally/videos/justin-bartha-talks-the-new-normal-in-gay-rights 2012年9月10日閲覧。 
  20. ^ Kirsch, Becky (2012年9月13日). “First Look: The Wolfpack Is Back in The Hangover Part III”. Buzz Sugar. 2012年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月20日閲覧。
  21. ^ Sneider, Jeff (2012年9月20日). “'Hangover' nabs 'H+' actress Loren”. Variety. オリジナル2012年10月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6B5bjjzBb 2012年10月1日閲覧。 
  22. ^ Cooper, Joel (2012年10月8日). “Blood stained shirt, police intervention and a funeral... It must be filming for The Hangover Part III!”. The Daily Mail. オリジナル2012年10月8日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6BGXh5PqK 2012年10月8日閲覧。 
  23. ^ Sager, Rebekah (2012年10月3日). “‘Hangover III’ Snubs Tijuana, Mexicans Outraged”. Fox News. 2012年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月17日閲覧。
  24. ^ Williams, Lauren; Marble, Steve (2012年10月15日). “'Hangover Part 3' filming to close O.C. toll road over weekend”. Los Angeles Times. オリジナル2012年10月17日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6BTxqvcwi 2012年10月17日閲覧。 
  25. ^ Castagnino, Jon (2012年10月27日). “'Hangover 3' spotted filming in Las Vegas”. KVVU-TV. 2012年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月1日閲覧。
  26. ^ Leach, Robin (2012年11月12日). “Strip Scribbles: ‘The Hangover Part III’ nears end of filming in Las Vegas”. Las Vegas Sun. オリジナル2012年11月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6CTCRIEd3 2012年11月26日閲覧。 
  27. ^ ‘The Hangover Part III’ Soundtrack Announced”. Film Music Reporter (2013年5月17日). 2013年5月21日閲覧。
  28. ^ Stewart, Andrew (2013年5月8日). “‘The Hangover Part III’ Moves Up to May 23”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/hangover-part-iii-looks-to-beat-memorial-day-heat-1200476855/ 2013年5月8日閲覧。 
  29. ^ a b Mandell, Andrea (2013年5月21日). “Bradley Cooper: 'Hangover 3' premiere is 'bittersweet'”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/people/2013/05/21/the-hangover-part-three-red-carpet-report-los-angeles/2344989/ 2013年5月21日閲覧。 
  30. ^ Lang, Brent (2013年5月23日). “Box Office: 'Hangover Part III' Grosses $3.1M at Late Night Showings”. The Wrap. 2013年5月23日閲覧。
  31. ^ Horn, John (2013年5月24日). “'Hangover Part III' bombing at the box office”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/moviesnow/la-mn-hangover-box-office-20130524,0,3798647.story 2013年6月10日閲覧。 
  32. ^ The Hangover Part III (2013)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年6月1日閲覧。
  33. ^ The Hangover Part III”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]