ハングオーバー!シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハングオーバー!
The Hangover
監督 トッド・フィリップス
脚本 ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
スコット・アームストロング
クレイグ・メイジン
トッド・フィリップス
製作 トッド・フィリップス
ダン・ゴールドバーグ
出演者 参照
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2009年 - 2013年
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $218,000,000
興行収入 $1,253,037,217
テンプレートを表示

ハングオーバー!』(The Hangover)は、レジェンダリー・ピクチャーズ製作、ワーナー・ブラザーズ配給によるアメリカ合衆国のコメディ映画のシリーズである。シリーズは全てトッド・フィリップスが監督し、ブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキスジャスティン・バーサケン・チョンが出演している。1作目『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は2009年6月5日、2作目『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』は2011年5月26日に公開された。3作目『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は2013年5月24日公開を予定している。

1作目と2作目は、「狼軍団」の異名で知られる親友3人組が結婚式前のパーティの後に記憶を失い、行方知れずとなった4人目の友人を探すという内容である。3作目は結婚式もバチェラー・パーティーも無いロードムービーである[1]

作品[編集]

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)[編集]

1作目では、フィル・ウィネック、スチュ・プライス、アラン・ガーナーが結婚を控える親友のダグ・ビリングスと共にラスベガスバチェラー・パーティー旅行に出かける。パーティーの翌日、3人は昨夜の記憶がなくなっており、居なくなったダグを探す。

脚本家のジョン・ルーカススコット・ムーアは、エグゼクティブプロデューサーのクリス・ベンダーの友人がラスベガスでのバチェラー・パーティー後に行方不明になったという話を聞いた後に脚本を執筆した[2]。ルーカスとムーアがワーナー・ブラザーズに脚本を200万ドルで売却した後[3]トッド・フィリップス監督とジェレミー・ガレリックらが脚本に虎、赤ん坊、パトカー、マイク・タイソンといったサブプロットを書き加えた[4]。撮影はネバダ州で15日間行われた[5]

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』(2011年)[編集]

2作目では、フィル、スチュ、アラン、ダグがスチュの結婚式のためにタイへ出かける。ラスベガスでのパーティーのこともあり、スチュは今回バチェラー・パーティーをやらないと決めていた。しかしながらそれは失敗に終わり、フィル、スチュ、アランは再び記憶を無くし、バンコクで行方不明となった新婦の弟のテディを探すことになる。

1作目公開の2ヶ月前の2009年4月、ワーナー・ブラザーズはトッド・フィリップスとスコット・アームストロングを続編執筆のために雇った[6]。前作の主要な俳優たちは2010年3月に再出演契約を交わした[7]。撮影は2010年10月にカリフォルニア州オンタリオで始まり、その後ロケ地はタイに移った[8]

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』(2013年)[編集]

2011年5月の2作目の公開前日、トッド・フィリップスは3作目の計画があることを初めて明かした[9]。同月、2作目の脚本を共同執筆したクレイグ・メイジンが脚本執筆を始めた[10]。主要俳優たちは2012年1月に契約を交わし、2012年9月より撮影が始まった[11][1]。公開は2013年5月24日を予定している[12]

キャスト[編集]

キャラクター ハングオーバー! ハングオーバー!! ハングオーバー!!!
フィル・ウィネック ブラッドレイ・クーパー
スチュアート・プライス エド・ヘルムズ
アラン・ガーナー ザック・ガリフィアナキス
ダグ・ビリングス ジャスティン・バーサ
レスリー・チャウ ケン・チョン
ジェイド ヘザー・グラハム   ヘザー・グラハム
シド・ガーナー ジェフリー・タンバー
トレーシー・ビリングス サーシャ・バレス
ローレン・プライス   ジェイミー・チャン
ステファニー・ウィネック ジリアン・ヴィグマン
メリッサ レイチェル・ハリス  
黒い方のダグ マイク・エップス   マイク・エップス
マイク・タイソン 本人役  
エディー / サミル ブライアン・カレン  
キングスレー   ポール・ジアマッティ  
テディ   メイソン・リー  
マーシャル   ジョン・グッドマン
キャシー   メリッサ・マッカーシー

評価[編集]

興行成績[編集]

作品名 米国公開日 興行収入 順位 製作費 出典
米国とカナダ 米国とカナダ以外 全世界 米国とカナダ
歴代
全世界
歴代
ハングオーバー! 2009年6月5日 $277,322,503 $190,161,409 $467,483,912 #55 #118 $35,000,000 [13]
ハングオーバー!! 2011年5月26日 $254,464,305 $327,000,000 $581,464,305 #66 #79 $80,000,000 [14]
ハングオーバー!!! 2013年5月23日 $102,374,000 $170,500,000 $272,874,000 $103.000.000 [15]
合計 $634,160,808 $692,961,409 $1,327,122,217 $218,000,000

批評家の反応[編集]

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic
ハングオーバー! 78% (217 reviews)[16] 73 (31 reviews)[17]
ハングオーバー!! 35% (226 reviews)[18] 44 (40 reviews)[19]
ハングオーバー!!! 20% (177 reviews)[20] 30 (36 reviews)[21]
平均値 45% 49

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Hangover Part III Details Revealed as Production Begins”. ComingSoon.net (2012年9月10日). 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。
  2. ^ Real Story Of How 'Hangover' Got Made (& It's Based On Someone In H'wood)”. Deadline Hollywood Daily (2009年6月8日). 2009年6月8日閲覧。
  3. ^ Diane Garrett; Tatiana Siegel (2007年10月4日). “Warner weds Phillips film, Studio toasts to 'Hangover'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1117973450.html 2009年10月28日閲覧。 
  4. ^ Gilchrist, Todd (2009年6月3日). “Interview: 'The Hangover' Director Todd Phillips”. Cinematical. 2013年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月12日閲覧。
  5. ^ Spillman, Benjamin (2009年4月1日). “ShoWest movie convention optimistic about '09”. Las Vegas Review-Journal. http://www.lvrj.com/business/42251677.html 2009年5月18日閲覧。 
  6. ^ Fleming, Michael (2009年4月5日). “WB gets tipsy with 'Hangover' sequel”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118002135.html 2009年6月9日閲覧。 
  7. ^ Fleming, Michael (2010年3月30日). “Warners Locks Cast Into 'Hangover' Deals”. Deadline Hollywood Daily. Mail.com Media Corporation. 2010年3月30日閲覧。
  8. ^ Goodson, Molly (2010年10月11日). “First Pics: The Hangover Cast Reunites For the Sequel!”. Popsugar. http://www.popsugar.com/Pictures-Hangover-2-Filming-11415073 2010年10月15日閲覧。 
  9. ^ Horn, John (2011年5月22日). “Todd Phillips keeps 'em laughing”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/news/la-ca-todd-phillips-20110522,0,7199849.story?page=1 2011年6月1日閲覧。 
  10. ^ Kit, Borys (2011年5月31日). “'Hangover II' Co-Writer in Early Talks for Third Installment”. The Hollywood Reporter. オリジナル2011年7月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zr474gOW 2011年6月1日閲覧。 
  11. ^ Kit, Borys (2012年1月25日). “'Hangover 3' Stars Nearing Deals for Big Pay Increases (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2012年9月7日閲覧。
  12. ^ Stewart, Andrew (2012年3月22日). “'Hangover' threequel set for May 24, 2013”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118051797?refCatId=13 2012年3月23日閲覧。 
  13. ^ The Hangover (2009)”. Box Office Mojo. IMDb. 2012年9月12日閲覧。
  14. ^ The Hangover Part II”. Box Office Mojo. IMDb. 2012年9月12日閲覧。
  15. ^ The Hangover Part III”. Box Office Mojo. IMDb. 2013年5月24日閲覧。
  16. ^ The Hangover”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年9月12日閲覧。
  17. ^ The Hangover”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年9月12日閲覧。
  18. ^ The Hangover Part II”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年9月12日閲覧。
  19. ^ The Hangover Part II”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年9月12日閲覧。
  20. ^ The Hangover Part III (2013)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年5月22日閲覧。
  21. ^ The Hangover Part III”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]