ハリー・R・トルーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ランダル・トルーマン、ワシントン州スピリット・レイクで

ハリー・ランダル・トルーマン(Harry Randall Truman, 1896年10月30日 - 1980年5月18日)は、アメリカワシントン州セント・ヘレンズ山近郊に居住し、1980年のセント・ヘレンズ山の噴火の際に避難を拒否し死亡した旅館のオーナーである。

トルーマンは1896年ウエストバージニア州で生まれ、第一次世界大戦の際にワシントン州チヘーリスに移り住んだ。そしてスピリット湖にあるセント・ヘレンズ山の旅館の経営者となった。トルーマンはそこで16匹のネコと大量のバーボンに囲まれながら暮らし、桃色のキャディラックを愛用していた。

1980年、セント・ヘレンズ山の火山活動が活発化し、噴火の約2ヶ月前にはセント・ヘレンズ山近郊からの避難が発令された。しかしながらトルーマンはこの避難を拒否し、世間の注目を集めた。トルーマンはマスメディアからインタビューを受けた際、噴火の危険性は「ひどく誇張されている」と主張した。

そして現地時間の1980年5月18日8時32分(協定世界時同日15時32分)、セント・ヘレンズ山は123年ぶりに大噴火を起こした。この噴火によりトルーマンは他の56人の住民とともに死亡した。トルーマンの遺体は確認されていないが、旅館とともに9メートルの灰や土石流に埋もれていると推測されている。

セント・ヘレンズ山にあるトルーマン道とハリー尾根は、トルーマンにちなんで付けられた。

1981年にはトルーマンを主題としたドキュメンタリー映画『St. Helens』がアート・カーニー主演で製作され、さらに1989年にはトルーマンを主題とした書物『Truman of St. Helens: The Man & His Mountain』がシャーリー・ローゼンによって著された。

関連書籍[編集]

  • Shirley Rosen (1989). Truman of St. Helens: The Man & His Mountain. (ISBN 0962329711)