除隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

除隊(じょたい、:discharge)は、軍人が負傷・兵役の満了、あるいは懲戒などにより、軍隊を辞めること。退役(たいえき)ともいう。

旧日本軍では、下士官の場合を「除隊」と呼び、将校の場合は「退役」と呼んで区別していた。今日の自衛隊でも「除隊」の語は一般的に使われてはいるが、これは非公式な表現で、自衛隊法による正式(法的)な用語は「退職」となっている。

米軍の場合[編集]

軍歴を重んじるアメリカ軍では、次の5つの理由のうちのいずれかにより軍隊を去ることになる。このうち、4の「不行跡除隊」と5の「不名誉除隊」は懲戒免職処分である。

  1. 名誉除隊 (Honorable Discharge)
  2. 普通除隊 (General Discharge)
  3. 非名誉除隊 (Other Than Honorable Discharge)
  4. 不行跡除隊 (Bad Conduct Discharge)
  5. 不名誉除隊 (Dishonorable Discharge)

関連項目[編集]