ニガキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニガキ
Picrasma quassioides.jpg
ニガキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ニガキ科 Simaroubaceae
: ニガキ属 Picrasma
: ニガキ P. quassioides
学名
Picrasma quassioides (D.Don) Benn.
シノニム
  • Picrasma quassioides (D.Don) Benn. var. glabrescens Pamp.
    *Picrasma quassioides (D.Don) Benn. f. glabrescens (Pamp.) Kitag.
和名
ニガキ(苦木)

ニガキ(苦木、学名 Picrasma quassioides)とはニガキ科ニガキ属落葉高木雌雄異株。東アジアの温帯から熱帯に分布する。全ての部分に強い苦味がある木で、名前の由来ともなっている。

特徴[編集]

樹高は6-8mで、12m以上になるものもある。に互生し、奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう)で、長さ15-25cmになる。小葉は7-13枚が対生し、形は卵状長楕円形で、先端は尖り、基部は鋭形。小葉の長さ3-7cm、幅1-3cmで、縁は鋭鋸歯になる。

花期は4-5月。葉腋から花序軸を出し、集散花序の小さい黄緑色のを多数つける。雄花序には30-50個、雌花序には7-10数個の花がつく。花弁は4-5枚で、長さは、雄花が約2mm、雌花が約3mmになる。果実は2-3個の分果となり、緑黒色に熟す。

樹皮はなめらかで暗褐色、材からこの樹皮を取り除いて乾燥させたものは、生薬苦木(にがき、くぼく)として知られ、薬用のほか殺虫剤の材料としても用いられる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、低地の林内に生育する。東アジアでは、朝鮮、中国、ヒマラヤに分布する。

利用[編集]

生薬[編集]

材から樹皮を剥ぎ取り、乾燥させると日本薬局方収録の生薬の苦木となる。苦木にはクワッシンを始めとする苦味成分が含まれ、強い抗菌作用や殺虫作用を持つといわれる。主に苦味健胃薬として用いられ、太田胃散などの薬に配合されている。ただし、伝統的な漢方方剤では、まず使わない。

殺虫剤[編集]

乾燥した木材を削ったもの、葉を乾燥させたもの等をなどで煮出して煎剤をつくる。この煎汁(せんじゅう)は殺虫剤として使用され、農作物へ散布したり家畜へ散布して使用する。効果農薬より劣るが、天然殺虫成分のため有機農法などで使用されることがある。

木材[編集]

ニガキの心材は黄色がかっており、木目がはっきりしているため、細工小物などに使用される。軽量だが、堅質で、加工がしやすいため、細工物の材料に使用される。材質から多くの範囲に使用されてもおかしくは無いが、汁椀などの食器にすると使用中に苦味成分が漏れ出してしまうため使えず、臭いも少しあるため、狭い範囲で使用されている。

ギャラリー[編集]

葉は奇数羽状複葉 
雄花 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]