ドライバーズアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドライバーズアイ
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1人(通信対戦可能)
発売日 [AC]1991年2月
テンプレートを表示

ドライバーズアイ」(DRIVER'S EYES)はナムコ(現:バンダイナムコゲームス)がリリースしたアーケードゲーム1991年2月稼動開始。

ウイニングラン'91』をベースに三面モニター化した他、クラッチなどリアリティ指向に手が加えられている。ゲームモードにはノービスとスーパーがあり、ノービスは15位からのピットスタート、スーパーは13位からのグリッドスタートになる。

変速系はクラッチ付きの6速マニュアル。メーター類は画面外の筐体ハンドル周りに設置されており、さらに広い視界を確保しているが、バックミラーが無いので、後続車の位置はステレオスピーカーの音で判断しなければならない。優勝するとウイニングランがあり、タイムが6位以内だとネームエントリが出来る。せっかくの本格的なシフトだったが、コースがあまりテクニカルでないため出番はスタート時やヘアピンカーブに限られてしまった。

前作として位置づけられる『ウイニングラン鈴鹿GP』と本作の間にある存在として、ゲームではなく教習用シミュレータとして作られた、三菱プレシジョンと共同開発の、実車のパーツを使った3画面モニタの自動車教習所向けシミュレータ「ユーノスロードスター・ドライビングシミュレータ」があり、後のリッジレーサーのフルスケール筐体へと繋がる。

外部リンク[編集]