ドッツ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドッツ・ミラー
Dots Miller
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州
生年月日 1886年9月9日
没年月日 1923年9月5日(満36歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
初出場 1909年4月16日
最終出場 1921年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • ピッツバーグ・パイレーツ(1909 - 1913)
  • セントルイス・カーディナルス(1914 - 1919)
  • フィラデルフィア・フィリーズ(1920 - 1921)

ドッツ・ミラーJohn Barney "Dots" Miller, 1886年9月9日 - 1923年9月5日)は、メジャーリーグベースボールの右投右打の内野手アメリカ合衆国ニュージャージー州カーニー(Kearny)出身。

来歴・人物[編集]

1908年6月にピッツバーグ・パイレーツに入団。その年は傘下のマイナーリーグで43試合に出場し、打率.306を記録した。

1909年には早くもメジャーリーグに昇格を果たし、前年までレギュラーを務めていたエド・アッバティッチオが不振に陥ったこともあり、セカンドのレギュラーを奪取。元は遊撃手だったが、当時パイレーツには後に殿堂入りを果たすホーナス・ワグナーが在籍していたため、二塁手を務めることになった。シーズンでは150試合に出場し、ともにリーグ3位となる47本の長打、87打点を記録するなど、この年のチームのワールドシリーズ 制覇に大きく貢献した。また、二塁手としてリーグ最多の426補殺を記録し、当時のニューヨーク・ジャイアンツジョン・マグロー監督にもダブルプレーの際のワグナーとのコンビネーションはリーグで最高だと言わしめるなど、守備でも大きな役割を果たした。

華々しいデビューを飾った1909年とは対照的に、1910年、ミラーは「2年目のジンクス」に苦しめられた。当時パイレーツに所属していたビル・マケシュニーや前任者のアッバティッチオも振るわなかったため、レギュラーの座は死守したものの、チームのレギュラーでは最低の打率.227に終わった。

1911年は持ち直し、137試合に出場して打率.268を残した。また守備でも、二塁手としてリーグ5位となる357補殺を記録した。

続く1912年、ミラーは一塁手としてプレイすることになる。その理由は、1910年、1911年とパイレーツが優勝出来なかった(ともにリーグ3位)のは、貧打に原因があり、特に一塁手が問題だということで、ミラーを一塁手に転向させようというものだった。また、長身であるということも転向の理由の一つになった。この年は一塁手としてリーグワースト2位の23失策を犯してしまうものの、打率.275、87打点に加え、自己最高の18盗塁を記録するなど、バットでは貧打解消に貢献した。チームも優勝はならなかったものの、2位に浮上した。

1913年もファーストのレギュラーとしてプレイし、150試合に出場。自己最多の20三塁打、7本塁打を記録するなど長打を量産し、こちらも自己最多の90打点(リーグ4位)を叩き出した。また盗塁数でも、前年の自己記録を上回る20個を残した。しかしパイレーツは低迷し、1900年以降では最低となる78勝に終わってしまった。これを受けてチームにテコ入れが行われることになり、12月12日、ミラーは5対3という大型トレードでセントルイス・カーディナルスへと移籍した。

新天地で迎えた1914年のシーズンは前年以上に打撃が好調で、チーム最多の155試合に出場し、打率.290、88打点、166安打、OPS0.732を記録するなど、チームを引っ張った。また元々の本職であったとはいえ、従来のセカンド、ファーストだけでなく、60試合でショートを務めるなど、守備面での器用さを改めて印象付けた。しかしチームは9つの負け越しを記録。この年がミラーにとって始めて負け越しを経験するシーズンとなった。

1916年も引き続き内野の全ポジションを務めたが、打率.238と、1910年以来となる不振に苦しんだ。

1917年は、はじめは主にファーストを守っていたが、一塁手のジーン・ポーレットが6月に加入したため、それ以降は主にセカンドを務めた。シーズンでは148試合に出場するも打率は.248に留まり、打点も2年連続で40点台に終わるなど、完全復調とはならなかった。

1917年のシーズン終了後、当時のカーディナルスのミラー・ハギンス監督がニューヨーク・ヤンキースへと移籍することになった。ミラーはこの頃、数多くのポジションをこなすことなどから、「カーディナルスのキャプテン」("Captain of the Cardinals")と称されており、一時はミラーが後任の監督となるのでは、とも噂された。しかし実際には、ジャック・ヘンドリクスが監督に就任。ミラーは海軍に志願し、第一次世界大戦を戦うこととなった。そのため、1918年はプレイしていない。

終戦後の1919年、カーディナルスに復帰。しかしこの年は打率.231に終わるなど低調で、翌1920年1月にフィラデルフィア・フィリーズへと移籍する。フィリーズ移籍後は年齢の問題もあり、レギュラー獲得とはならなかったが、貴重な内野のユーティリティプレイヤーとして2年間プレイした。

1921年のシーズン終了後、ミラーはパシフィック・コーストリーグサンフランシスコ・シールズ(San Francisco Seals)の監督に就任する。1年目の1922年にシールズをリーグ優勝へ導くなど、監督としても幸先の良いスタートを切った。

ところが1923年のシーズン中、肺結核と診断され、ミラーは直ちにカーニーへと帰郷する。その後ニューヨーク州のサラナック・レイク(Saranac Lake)へと療養に赴くが、9月6日、家族に看取られて36歳の若さで息を引き取った。

ミラーの遺体はカーニーへと帰り、ノース・アーリントン・セメタリー(North Arlington Cemetery)に埋葬された。

エピソード[編集]

  • 生まれたのはニューヨークだが、生まれた直後にカーニーへと移住した。また両親はドイツ系の移民だった。
  • 野球選手としてのキャリアを始める以前は、ステンドグラスの取り付けを生業にしていた。
  • 1910年には、複数人とともに、バー、宴会場、ビリヤード、ボーリングといった娯楽施設を備えた宿屋をカーニーに開き、また二階と三階にはアパートを設けた。このアパートで、ミラーの甥であり、後にデトロイト・タイガースの監督を務めるジャック・タイフが生まれ育っている。
  • 1909年から1911年まで二遊間のコンビを組んだワグナーとは、ともにドイツ系の出自であるということもあって、非常に親密な間柄だった。ワグナーがミラーの家を訪れることも度々あった。
  • 前述の通り海軍に従軍していたが、射撃の腕前が高く評価され、軍から表彰されている。

愛称"Dots"の由来[編集]

1909年のスプリング・トレーニングにミラーが参加した際、とある記者がホーナス・ワグナーに、「あの新人は誰ですか?」("Who's the new kid?")と尋ねたところ、ワグナーは「あれはミラーだ」("That's Miller.")と答えた。ところがワグナーの話す言葉には強い訛りがあったため、その記者は、ワグナーが「ドッツ・ミラーだ」("Dots Miller.")と答えたものだと勘違いしてしまった。これがきっかけで、ジョン・ミラーはその後、ドッツ・ミラーとして知られるようになった、とされている。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1909 PIT 151 631 560 71 156 31 13 3 222 87 14 - 29 - 39 - 3 - - .279 .329 .396 .725
1910 120 504 444 45 101 13 10 1 137 48 11 - 25 - 33 - 2 41 - .227 .284 .309 .592
1911 137 556 470 82 126 17 8 6 177 78 17 - 28 - 51 - 7 48 - .268 .348 .377 .725
1912 148 628 567 74 156 33 12 4 225 87 18 - 20 - 37 - 4 45 - .275 .324 .397 .721
1913 154 643 580 75 158 24 20 7 243 90 20 13 25 - 37 - 1 52 - .272 .317 .419 .736
1914 STL 155 634 573 67 166 27 10 4 225 88 16 - 18 - 34 - 9 52 - .290 .339 .393 .732
1915 125 626 553 73 146 17 10 2 189 72 27 19 24 - 43 - 6 48 - .264 .324 .342 .666
1916 143 560 505 47 120 22 7 1 159 46 18 0 10 - 40 - 5 49 - .238 .300 .315 .615
1917 148 598 544 61 135 15 9 2 174 45 14 - 18 - 33 - 3 52 - .248 .295 .320 .615
1919 101 378 346 38 80 10 4 1 101 24 6 - 16 - 13 - 3 23 - .231 .265 .292 .557
1920 PHI 98 375 343 41 87 12 2 1 106 27 13 6 15 - 16 - 1 17 - .254 .289 .309 .598
1921 84 343 320 37 95 11 3 0 112 23 3 5 7 - 15 - 1 27 - .297 .330 .350 .680
通算:12年 1589 6476 5805 711 1526 232 108 32 2070 715 177 43 235 0 391 0 45 454 0 .262 .314 .357 .671

関連項目[編集]

外部リンク[編集]