ト阿玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「涂阿玉」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
涂 阿玉
Ai-Yu Tu Golf pictogram.svg
基本情報
生年月日 1954年9月29日(60歳)
出身地 台湾の旗 台湾台中県豊原市
(現:台中市豊原区
利き手
成績
優勝回数 日本女子:58勝
賞金王 1982-1986・1989・1991
賞金ランク最高位 日本女子:1位 (7度)
2009年2月26日現在
テンプレートを表示

涂 阿玉(と あぎょく、1954年9月29日 - )は、台湾出身の女子プロゴルファー

プロフィール[編集]

  • 1954年9月29日 - 台湾の台中県豊原市の果樹園農家に生まれる。
  • 1969年頃 - 中学卒業後、豊原CCへキャディとして就職。17歳の時から淡水GCへと移る。そこで淡水GCのヘッドプロであった陳金獅プロに出会い、師事することになる。
  • 1973年 - アマチュア時代も来日し、トヨトミレディスで2位タイ。
  • 1974年 - プロ転向。
  • 1976年 - USLPGAに挑戦。
  • 1981年 - 日本ツアーへ本格参戦する。JLPGAに正式入会。入会前に、国内11勝。入会後に、国内58勝をマーク。7回賞金女王に輝く。

戦歴[編集]

※特別の表記がないものは、JLPGA賞金ランキング対象トーナメントにおける成績を指す。

※年度〔賞金ランキング〕:公式年間優勝回数(公式通算優勝回数/参:入会前の参考記録を含む通算優勝回数)

【参考】…JLPGA入会前の年間優勝回数(参考記録)。

【対象外】…JLPGA賞金ランキング対象外トーナメントの年間優勝回数(対:対象外トーナメントの通算優勝回数)。

《日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)入会前》

  • 1974年〔※※〕:【参考】1勝(参1勝)
  • 1975年〔※※〕:【参考】1勝(参2勝)
  • 1976年〔※※〕:【参考】2勝(参4勝)
  • 1977年〔※※〕:【参考】2勝+海外1勝[1](参7勝)
  • 1978年〔※※〕:【参考】1勝+海外1勝[1](参9勝)
  • 1979年〔※※〕:【参考】3勝(参12勝)
  • 1980年〔※※〕:【参考】1勝(参13勝)

《日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)入会後》

  • 1981年〔9位〕:1勝(1勝/参14勝)
  • 1982年〔1位〕:9勝(10勝/参23勝)初の賞金女王(通算1回目)、【対象外】1勝(対1勝)
  • 1983年〔1位〕:9勝(19勝/参32勝)2年連続賞金女王(通算2回目)、【対象外】1勝(対2勝)
  • 1984年〔1位〕:7勝(26勝/参39勝)3年連続賞金女王(通算3回目)、【対象外】2勝(対4勝)
  • 1985年〔1位〕:7勝(33勝/参46勝)4年連続賞金女王(通算4回目)、【対象外】2勝+海外1勝[2](対7勝)
  • 1986年〔1位〕:9勝[3](42勝/参55勝)5年連続賞金女王(通算5回目)、【対象外】1勝(対8勝)
  • 1987年〔5位〕:1勝(43勝/参56勝)
  • 1988年〔5位〕:2勝(45勝/参58勝)、【対象外】2勝(対10勝)
  • 1989年〔1位〕:5勝(50勝/参63勝)賞金女王(通算6回目)、【対象外】1勝(対11勝)
  • 1990年〔6位〕:1勝(51勝/参64勝)
  • 1991年〔1位〕:2勝(53勝/参66勝)賞金女王(通算7回目)
  • 1992年〔2位〕:3勝(56勝/参69勝)
  • 1993年〔15位〕:1勝(57勝/参70勝)
  • 1999年〔72位〕:【対象外】海外1勝[2](対12勝)
  • 2002年〔45位〕:1勝(58勝/参71勝)
  • 2004年〔79位〕:【対象外】海外1勝[2](対13勝)
  • 2005年〔100位〕:【対象外】1勝[4](対14勝)

脚注[編集]

  1. ^ a b いずれもJLPGA海外公認トーナメント
  2. ^ a b c いずれもJLPGA海外協力トーナメント
  3. ^ 全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)公式戦・日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)特別公認トーナメント1試合(マツダジャパンクラシック)を含む。
  4. ^ 米国女子シニアゴルフ協会公式競技・日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)特別公認トーナメント。

外部リンク[編集]