申智愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
申智愛
Jiyai Shin Golf pictogram.svg
2009 Women's British Open - Jiyai Shin (2).jpg
基本情報
生年月日 1988年4月28日(26歳)
出身地 韓国全羅南道霊光郡
身長 156cm
血液型 A型
成績
優勝回数 全米女子:11勝
日本女子:5勝
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 全米女子:1位 2009年
2014年6月22日現在
テンプレートを表示

申智愛[1][2](シン・ジエ、신지애1988年4月28日 - )は、大韓民国の女子プロゴルファーである。現在はアメリカジョージア州アトランタ在住。

最終ラウンドで強さを発揮することから、「Final Round Queen」のニックネームを持つ。

来歴[編集]

小学校5年の時にゴルフを始め、5ヶ月後に出場した大会で早くも優勝。ゴルフの神童と呼ばれ活躍していたが、中学3年だった2003年11月、申智愛をゴルフ練習場へ送り、車で帰宅途中の母が交通事故で死去。同乗していた弟と妹も重傷を負うという悲しい出来事があった。

2005年、アマチュアとして出場したSKエンクリーン招待で初優勝。表彰式で「母のお墓に優勝カップを持っていきたい」と語った。プロテストが免除され18歳でプロ転向し、翌2006年からKLPGAに本格参戦。

2008年までに韓国ツアーで20勝、アジア女子ツアーでも2勝を挙げ、JLPGAツアーでも2008年のヨコハマタイヤ PRGRレディスカップで初優勝した。同年の全英リコー女子オープンでメジャー初優勝したほか、ミズノクラシックADT選手権でも勝利した。

2009年はHSBC女子チャンピオンズで優勝するなどツアー3勝を挙げ、LPGA新人王に選ばれた。

2010年5月、初めて世界ランキング1位の座に着いた。

2012年9月10日、キングスミル選手権で9ホールのプレーオフという死闘の末、ポーラ・クリーマーを下し、2年ぶりのツアー優勝を果たした。

主なツアー優勝歴[編集]

2009年HSBC女子チャンピオンズ

LPGAツアー[編集]


JLPGAツアー[編集]

LPGAメジャー大会の成績[編集]

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
クラフト・ナビスコ選手権 T15 T31 T21 T5 T29 T26 T7
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP 3 T3 T34 DNP
全米女子オープン 6 T19 T13 T5 T10 DNP
全英女子オープン T28 1 T8 T14 21 1
エビアン選手権

脚注[編集]

  1. ^ 日本女子プロゴルフ協会での登録名は「申ジエ」となっている。
  2. ^ 報道関係における表記は「シン・ジエ」となっている(ゴルフ中継・スポーツニュースにて確認)。
  3. ^ ミズノクラシックはJLPGAツアーも兼ねている。

外部リンク[編集]