トマ・ヴォクレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマ・ヴォクレール
Thomas Voeckler
Cycling (road) pictogram.svg
Thomas Voeckler KBK 2011.jpg
個人情報
本名 トマ・ヴォクレール
Thomas Voeckler
生年月日 1979年6月22日(35歳)
国籍 フランスの旗 フランス
身長 177cm
体重 66kg
チーム情報
所属 チーム・ヨーロッパカー
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
アマ所属チーム
2000
ボンジュール(サテライト)
プロ所属チーム
2001–
ブイグテレコム
主要レース勝利

GP・西フランスプルエー 2007
GP・シクリスト・ド・ケベック 2010
ツール・ド・フランス

Jersey polkadot.svg 山岳賞 2012
区間通算4勝
フランスの旗 フランス選手権・個人ロード 2004・2010
ツール・ド・ルクセンブルク 2003
ダンケルク4日間レース 2011
ブラバントス・パイル 2012
最終更新日
2014年5月3日

トマ・ヴォクレール(Thomas Voeckler、1979年6月22日- )は、フランスバ=ラン県シルティカイム出身の自転車競技ロードレース)選手。日本では英語読みのトーマス・ボエックラーという表記をされることもある(『J SPORTS cycle road race』でも2004年までは同表記だった)。

経歴[編集]

2001年にボンジュール(現:チーム・ヨーロッパカー)と契約を結び、プロロードレース選手となる。

2003年

2004年

  • フランス国内選手権・個人ロードレース 優勝

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

特徴[編集]

ステージレースでのステージ優勝やワンデイレースでの勝利が目立つパンチャータイプの選手である。同チームで同じパンチャータイプの新城幸也は、アシストの仕事も求められることの多いチーム内での立場もあって、逃げにチャンスがあるステージに絞ってエスケープに挑戦するが、ヴォクレールの場合は逃げにノーチャンスと思われるステージでも果敢にエスケープに挑戦するのが特徴の一つ。2009年のジロ・デ・イタリアではブロックハウスへの登山ステージというクライマー圧倒的有利のステージでもエスケープしている。

中間スプリントポイントや平坦ステージでの高低差の低い山岳ポイントなども狙う積極的な走りと独特のキャラクターが親しまれている[1]。 とはいえ単なる目立ちたがり屋というわけではなく、ツール・ド・フランスにおける総合4位(2011年)や山岳賞の獲得(2012年)、数々の区間優勝、マイヨ・ジョーヌの所持歴、その他ビッグレースでの勝利のある実力者である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ あるレースでひまわりを持って走る様子が放送されたことから、『J SPORTS cycle road race』公式サイト内「たきもとかよイラストギャラリー」ではヴォクレールのイラストに必ずひまわりが描かれる

外部リンク[編集]