テイラー郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州テイラー郡
Taylor County Courthouse, Abilene, TX IMG 6323.JPG
アビリーン市にあるテイラー郡新庁舎
テイラー郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1858年
郡庁所在地 アビリーン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,380 km2 (919 mi2)
2,372 km2 (916 mi2)
10 km2 (4 mi2), 0.39%
人口
 - (2010年)
 - 密度

131,506人
53人/km2 (137人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.taylorcountytexas.org

テイラー郡: Taylor County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部北に位置するである。2010年国勢調査での人口は131,506人であり、2000年の126,555人から3.9%増加した[1]郡庁所在地アビリーン市(人口117,063人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はアラモの戦いで戦死したエドワード、ジョージ、ジェイムズのテイラー3兄弟に因んで名付けられた。

テイラー郡はキャラハン郡ジョーンズ郡と共にアビリーン大都市圏を構成している。テイラー郡

年譜[編集]

テイラー郡新庁舎前に展示されている永遠の警戒を示すハクトウワシと制服姿の兵士
テイラー郡旧庁舎、現在は限られた用途になっている
  • テイラー郡となった地域の初期住人にはペンテカ族インディアンがいた[4]
  • 1849年、アメリカ陸軍工兵のランドルフ・マーシー大尉が、西テキサスからカリフォルニア州に抜けるルートを探して、郡内を通過した[5]
  • 1858年、テキサス州議会がベア郡トラヴィス郡の一部を合わせてテイラー郡を設立した。郡名はアラモ砦の守備隊員エドワード、ジョージ、ジェイムズのテイラー3兄弟に因んで名付けられた。バターフィールド陸路郵便がマーケルにマウンテンパス駅を設置し、1861年まで使われた[4]
  • 1872年、最初の牛飼いが現在のテイラー郡に入った.[4]
  • 1878年、テイラー郡が組織化された。バッファローギャップが郡庁所在地に指定された[4][6]
  • 1880年、テキサス・アンド・パシフィック鉄道が後のアビリーン市となる場所を通る鉄道敷設契約に署名した[5]
  • 1881年、アビリーンの町が設立され、カンザス州アビリーンに因んで名付けられた[7]
  • 1883年、アビリーンが郡庁所在地に指定された[7]。バプテスト信者の10家族の荷車隊が郡内に到着した[4]
  • 1890年、アビリーン交易委員会が組織された。郡内には587の農園と牧場があった[4]
  • 1891年、ハーディン・サイモンズ大学が、スウィートウォーター・バプテスト協会によって、アビリーン・バプテスト・カレッジという名前でせつりつされた[8]
  • 1897年、ライトル湖が造られた[4]
  • 1904年、アビリーンに州立癲癇患者コロニーが開かれた[9]
  • 1906年、アビリーン・クリスチャン大学が、チャイルダーズ・クラシカル・インスティチュートとして開設された[10]
  • 1924年、ヘンドリックス医療センターがアビリーンで西テキサス・バプテスト療養所として設立された。西テキサス歴史協会がアビリーンで認可された[4]
  • 1926年、マクマリー大学の最初の4年生が卒業した[11]
  • 1929年、郡内で石油が発見された[12]
  • 1933年、アビリーン市が市民保全部隊に土地を寄付した[13]
  • 1942年、ダイエス空軍基地がアビリーン基地として設立された。テキサス州生まれでバターン死の行進の生存者ウィリアム・ダイエス中佐に因んで基地名が付けられた[14]
  • 1950年、アビリーン交響楽団が創設された。ジェイ・ディーツァーが初代指揮者になった[4]
  • 1956年、バッファローギャップ歴史村がオープンした[15]
  • 1998年、アメリカ馬牧場協会がアビリーン市で結成された[16]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は919平方マイル (2,380 km2)であり、このうち陸地916平方マイル (2,372km2)、水域は4平方マイル (10 km2)で水域率は0.39%である[17]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1880 1,736
1890 6,957 300.7%
1900 10,499 50.9%
1910 26,293 150.4%
1920 24,081 −8.4%
1930 41,023 70.4%
1940 44,147 7.6%
1950 63,370 43.5%
1960 101,078 59.5%
1970 97,853 −3.2%
1980 110,932 13.4%
1990 119,655 7.9%
2000 126,555 5.8%
2010 131,506 3.9%
U.S. Decennial Census[18]
Texas Almanac: 1850-2010[19]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 126,555人
  • 世帯数: 47,274 世帯
  • 家族数: 32,524 家族
  • 人口密度: 53人/km2(138人/mi2
  • 住居数: 52,056軒
  • 住居密度: 22軒/km2(57軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 26.6%
  • 18-24歳: 13.8%
  • 25-44歳: 27.8%
  • 45-64歳: 19.3%
  • 65歳以上: 12.4%
  • 年齢の中央値: 32歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.1
    • 18歳以上: 91.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 34.7%
  • 結婚・同居している夫婦: 538%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.5%
  • 非家族世帯: 31.2%
  • 単身世帯: 25.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 9.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.54人
    • 家族: 3.07人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 34,035米ドル
    • 家族: 40,859米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,964米ドル
      • 女性: 21,021米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,176米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 14.5%
    • 対家族数: 10.4%
    • 18歳未満: 17.6%
    • 65歳以上: 9.2%

都市と町[編集]

  • アビリーン、人口117,063人 - 郡庁所在地
  • バッファローギャップ
  • キャップス、未編入の町
  • インパクト
  • ローン
  • マーケル
  • オバロ]、未編入の町
  • ポトシ
  • トレント
  • タスコーラ
  • タイ
  • ビュー、未編入の町
  • ワイリー、未編入の町

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Taylor County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Abilene, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i Leffler, John. “Taylor County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月29日閲覧。
  5. ^ a b Hundell, Ken and Sharon (2005). Spirits of the Border V: The History and Mystery of the Lone Star State. Omega Press. pp. 118–119. ISBN 978-0-9626087-9-7. 
  6. ^ Buffalo Gap, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月29日閲覧。
  7. ^ a b Abilene, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月29日閲覧。
  8. ^ Early Jr, Joseph E; McBeth, Harry Leon (2004). A Texas Baptist History Sourcebook: A Companion to McBeth's Texas Baptists. University of North Texas Press. p. 139. ISBN 978-1-57441-176-8. 
  9. ^ “Epileptic Colony Open”. The journal of the American Medical Association (American Medical Association) 41: 973. (1903). 
  10. ^ Foster, Douglas A; Blowers, Paul M; Dunnavant, Anthony L; Williams, D Newell (2005). The Encyclopedia of the Stone-Campbell Movement. Wm. B. Eerdmans Publishing Company. p. 1. ISBN 978-0-8028-3898-8. 
  11. ^ Downs, Fane. “McMurry University”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  12. ^ Warner, C A; Thompson, Ernest O (2007). Texas Oil & Gas Since 1543. Copano Bay Press. p. 227. ISBN 978-0-9767799-5-7. 
  13. ^ Ebeling, Walter (1990). Fruited Plain: The Story of American Agriculture. Univ of California Pr. p. 249. ISBN 978-0-520-03751-9. 
  14. ^ Leatherwood, Art. “Dyess Air Force Base”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  15. ^ Aston, B W; Taylor, Ira Donathon (1997). Along the Texas Forts Trail. University of North Texas Press. p. 49. ISBN 978-1-57441-035-8. 
  16. ^ Sellers, Laren (2005). Training and Showing the Versatility Ranch Horse. The Lyons Press. p. 114. ISBN 978-1-59228-555-6. 
  17. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  18. ^ U.S. Decennial Census
  19. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度19分 西経99度53分 / 北緯32.31度 西経99.88度 / 32.31; -99.88