ティローロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティローロ
Tirolo / Tirol
ティローロの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Trentino-South Tyrol.svg トレンティーノ=アルト・アディジェ
Suedtirol CoA.svg ボルツァーノ
CAP(郵便番号) 39019
市外局番 0473
識別コード L178
分離集落
隣接コムーネ カイネスラグンドメラーノモーゾ・イン・パッシーリアパルチーネスリフィアーノシェーナ
人口
人口 2,447 [1](2012-01-01)
人口密度 95.6 人/km2
文化
守護聖人  
祝祭日  
地理
座標 北緯46度41分0秒 東経11度9分0秒 / 北緯46.68333度 東経11.15000度 / 46.68333; 11.15000座標: 北緯46度41分0秒 東経11度9分0秒 / 北緯46.68333度 東経11.15000度 / 46.68333; 11.15000
標高 594 (323 - 2998) [2] m
面積 25.59 [3] km2
ティローロの位置
ティローロの位置
ボルツァーノ自治県におけるコムーネの領域
ボルツァーノ自治県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ティローロイタリア語: Tirolo ; ドイツ語: Tirol ティロール)は、イタリア共和国トレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツァーノ自治県にある、人口約2400人の基礎自治体コムーネ)。

ティローロ城(ティロール城)の所在地であり、地方名としての「ティロール(チロル)」の発祥となった土地である。地方名と区別するために、ティローロの街のことをとくにドルフ・ティロールとも呼ぶ。

名称[編集]

ティローロとは、ティロール(チロル)のイタリア語名であり、イタリアとオーストリアにまたがるティロール地方全体も指す。そもそもティロルの地名はこの土地から始まった。ドイツ語話者にとっての県名は、南ティロール(ズュート・ティロール)である。コムーネの紋章はティロール地方の紋章である。

この街のことをとくに「ティロル村」を意味するドルフ・ティロールドイツ語: Dorf Tirol)の名でも呼ぶ。

地理[編集]

メラーノに近い。テッサ山地の斜面にある。

歴史[編集]

同名の城(Castel Tirolo, 独語:Schloss Tirol)チロル城がキュッヒェルベルクの山上にある。このあたりは古代ローマ時代から人が住み、この城の城主が1140年から1420年までティロル地方全体を治めていた。

行政[編集]

ティロル村(Dorf Tirol)はメラーノ(ドイツ語名:メラン)など周辺のコムーネとともに地方自治体(コンプレンソリオ、Comprensorio)ブルグラーフェナムト(Burggrafenamt、城伯局)、イタリア語名ブルグラヴィアート(Burgraviato)に属す。

社会[編集]

居住者の約98%がドイツ語話者、約2%がイタリア語話者であり、わずかであるがレト・ロマーノ系統ラディーノ語話者も存在する。ドイツ語話者は義務教育課程において第2言語として英語などと同じくイタリア語を選択して学習することができるため(母語はドイツ語であってもイタリア国籍であるが、イタリア語教育はこの地方において義務ではない)、イタリア語を理解する事ができる。メラン(メラーノ)と同様、ほとんどすべての住民、特にホテルやレストラン、商店などの従業員はドイツ語もイタリア語も自由にあやつる。交通標識などは2か国語である。

経済[編集]

経済は特にドイツとイタリア、一部オーストリアの旅行客(四季を通じて)を主になりたっている。周辺はボルツァーノ県のほかの地域と同じように、リンゴ栽培の果樹園に囲まれ、大切な農業収入となっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ティローロ」は、イタリアコムーネ書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。- Portal:イタリア / プロジェクト:イタリア