ダン・コルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・コルブ
Dan Kolb
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ホワイトサイド郡スターリング
生年月日 1975年3月29日(39歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト6巡目でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 1999年6月4日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
最終出場 2007年6月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダン・コルブDaniel Lee Kolb , 1975年3月29日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州ホワイトサイド郡スターリング出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

1995年ドラフトテキサス・レンジャーズから6巡目指名を受け、プロ入り。レンジャーズ時代は故障に泣き、芽が出なかった。

2003年 から2004年までミルウォーキー・ブルワーズに在籍。2003年後半からクローザーに定着し、2年間で計60セーブを挙げた。2004年にはオールスターのメンバーに選出された。

2005年アトランタ・ブレーブスに在籍。前年までのクローザーであるジョン・スモルツが先発に復帰するのに伴い、彼の後釜として期待された。しかし、開幕から不振に陥り、5月17日にこの年4敗目、3度目のセーブ失敗を機にクローザーの地位を剥奪され、それ以後はセットアッパーとして登板することとなった。コルブの後釜としてクリス・リーツマがセットアッパーから昇格し、無難にこなしたものの、8月に膝を痛めて不振に陥ってしまった。そのため、コルブが再びクローザーを務めると思われたが、7月末にデトロイト・タイガースから加入したカイル・ファーンズワースが好投を続けたため、この年中にクローザーへ返り咲くことはなかった。結局、自己最多となる65登板と57.2投球回を投げ、11セーブこそ挙げたものの、失敗が7もあり、防御率5.93と精彩を欠いた。特に9月以降は防御率15.88と精彩を欠き、プレーオフのロースターから外される屈辱を味わった。

2006年に再び、ブルワーズに戻って来た。2003年 - 2005年までの3年間、クローザーを務めた経験があるが、2005年は不振に陥り、5.00台の防御率を記録してしまった。

2007年シーズン前にピッツバーグ・パイレーツと契約したが、マイナーリーグからの出発となり、昇格後も目覚ましい活躍はできず、この年がメジャーで過ごした最後のシーズンとなった。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 TEX 16 0 0 0 0 2 1 0 0 .667 139 31.0 33 2 15 0 1 15 2 0 18 16 4.65 1.55
2000 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 0.2 5 0 2 0 0 0 0 0 5 5 67.50 10.50
2001 17 0 0 0 0 0 0 0 7 ---- 70 15.1 15 2 10 1 0 15 3 0 8 8 4.70 1.63
2002 34 0 0 0 0 3 6 1 2 .333 145 32.0 27 1 22 2 1 20 6 0 17 15 4.22 1.53
2003 MIL 37 0 0 0 0 1 2 21 4 .333 175 41.1 34 2 19 3 1 39 1 0 10 9 1.96 1.28
2004 64 0 0 0 0 0 4 39 1 .000 236 57.1 50 3 15 1 3 21 2 0 22 19 2.98 1.13
2005 ATL 65 0 0 0 0 3 8 11 6 .273 270 57.2 78 5 29 5 1 39 5 0 39 38 5.93 1.86
2006 MIL 53 0 0 0 0 2 2 1 6 .500 213 48.1 53 4 20 1 1 26 5 0 28 26 4.84 1.51
2007 PIT 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 6 1 2 1 0 2 0 0 3 3 9.00 2.67
通算:9年 290 0 0 0 0 11 23 73 26 .324 1273 286.2 301 20 134 14 8 177 24 0 150 139 4.36 1.52
  • 2008年度シーズン終了時

外部リンク[編集]