セルジオ・ドゥトラ・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥトラ Football pictogram.svg
名前
カタカナ セルジオ・ドゥトラ・ジュニオール
ラテン文字 Sérgio Dutra Júnior
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1988年4月25日(25歳)
出身地 サンパウロ州サントス[1]
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 スポルティング・ロケレン
ポジション MF / FW
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009
2010-2012
2012
2013-
ブラジルの旗 ECサント・アンドレ
日本の旗 京都サンガF.C.
日本の旗 鹿島アントラーズ
ベルギーの旗 スポルティング・ロケレン
36 (6)
26 (5)
27 (8)
18 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年11月3日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

セルジオ・ドゥトラ・ジュニオールSérgio Dutra Júnior, 1988年4月25日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身のサッカー選手。ポジションはMFFWジュピラーリーグスポルティング・ロケレン所属。通称ジュニオール・ドゥトラ(Júnior Dutra)[1]またはドゥトラ

来歴[編集]

サント・アンドレ時代、2009年2月1日のサンパウロ州選手権サンパウロFC戦でスーパーゴールを決めたことでブラジル国内で知名度が急上昇した[2]

サンパウロFC、クルゼイロECSCインテルナシオナルなどとの争奪戦の末、京都サンガF.C.が完全移籍で獲得[3]

第91回天皇杯準決勝の対横浜F・マリノス戦では、劣勢のチームを決勝に導く同点FKを決めた。

2012年、鹿島アントラーズに完全移籍。同年10月6日のリーグ・第28節FC東京戦で、来日初ハットトリック達成するなど活躍した。

2013年には、ベルギージュピラーリーグ(1部)のスポルティング・ロケレンに移籍した。

人物[編集]

京都に移籍の際、日本のメディアでは「カカ2世」という触れ込みで彼を紹介したが、ブラジル国内でそのように呼ばれていた事実はないという。[2]

代理人はコンスタンチン・テオ

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2008 サント・アンドレ セリエB 0 0
2009 サント・アンドレ 11 セリエA 23 2
11 パウリスタA1 13 4
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 京都 9 J1 26 5 4 1 2 0 32 6
2011 J2 30 6 - 6 2 36 8
2012 0 0 - - 0 0
鹿島 11 J1 27 8 9 2 5 1 41 11
通算 ブラジル
日本 J1 53 13 13 3 7 1 73 17
日本 J2 30 6 - 6 2 36 8
総通算

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

日本の旗 鹿島アントラーズ

脚注[編集]

  1. ^ a b [Júnior Dutra”. ogol.com.br. 2010年1月21日閲覧。
  2. ^ a b 下薗 昌記『週刊サッカーダイジェスト』日本スポーツ企画出版社、2010年2月2日号 No.1040、30頁。
  3. ^ “カカ2世”MFドゥトラ獲得発表…京都”. スポーツ報知大阪版 (2009年12月17日). 2010年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]