ジョージ・ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ポーター
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1967年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:短時間エネルギーパルスによる高速化学反応の研究

ジョージ・ポーター(George Porter, Baron Porter of Luddenham, 1920年12月6日-2002年8月31日)はイギリス化学者。1967年にノーベル化学賞を受賞。

生涯[編集]

ヨークシャー・ステインフォース生まれ。リーズ大学化学学士資格を得、第二次世界大戦中はイギリス海軍予備隊に所属した。その後、ケンブリッジ大学ロナルド・ノーリッシュの下で研究を開始、これが後にノーベル賞受賞に繋がる業績となった。

1960年には王立協会フェローとなり[1]、1971年にはデイヴィー・メダルを贈られた[1]。1967年に マンフレート・アイゲンロナルド・ノーリッシュと共にノーベル化学賞を授与された。イギリス王室は1972年にナイトに叙勲し、以後彼は「サー・ジョージ」と尊称されることになった。王立協会からは1978年にランフォード・メダルを贈られた[1]。1985年から1990年まで王立協会の会長職を務め[1]、退任時に一代貴族として男爵位を授けられ、ケント州の地名から「ラドナムのポーター男爵」(Baron Porter of Luddenham)の称号を得た[2]。さらに1992年には王立協会からコプリ・メダルが授与された[1]

ポーターはまた、公衆の科学理解 (public understanding of scienceを啓蒙・普及させる活動にも大きく貢献した。1985年に英国科学発展協会 (British Association会長に就任し、またCommittee on the Public Understanding of Science(COPUS)の委員長も兼任した。講演も積極的にこなし、1978年オックスフォード大学ロマンネス・レクチャーの「Science and the human purpose」、1988年BBC放送リチャード・ディンブルビー・レクチャーの「Knowledge itself is power」、1989年日本で行われた「21世紀の君たちへ‐ノーベル賞受賞者日本フォーラム‐」講演、1990年から1993年にかけてグレシャム・カレッジでの天文学に関する講演などがある。

1984年から1995年にかけてポーターはレスター大学の学長を務めた。同大学は敬意を表し、化学棟の名を「ジョージ・ポーター・ビル」と名づけた。

業績[編集]

ポーター自身の研究は、活性で短寿命の分子種がラジカルであることを証明する情報をも含んでいた、「光反応解析」技術の開発がある。後に彼の研究は、植物の光合成における光化学反応の詳細を調査する技術として活用された。これは特に水素をエネルギーとして用いる研究分野で大いに利用され、ポーター自身も強く推奨した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Porter; George (1920 - 2002); Baron Porter of Luddenham” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 52215, p. 12091, 1990年7月19日. 2012年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
アンドリュー・フィールディング・ハクスリー
王立協会会長
1985 - 1990年
次代:
マイケル・アティヤ