ヴィンセント・デュ・ヴィニョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1955年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:硫黄を含む生体物質(とくにオキシトシンバソプレッシン)の構造決定全合成

ヴィンセント・デュ・ヴィニョー(Vincent du Vigneaud, 1901年5月18日 - 1978年12月11日)はアメリカ生化学者。脳下垂体のホルモン、オキシトシン及びバソプレシンの分析及び合成を行い、生物における硫黄化合物の働きに関する研究で1955年ノーベル化学賞を受賞した。

イリノイ州シカゴ生まれ。初等教育を受けた後1918年イリノイ大学に入学、1924年に同大学で修士号を取得。1927年ロチェスター大学博士号を取得した。その後は全米研究会議の奨学金によりジョンズ・ホプキンス大学医学部、カイザー・ヴィルヘルム光学研究所に留学した。その後、イリノイ大学の教授を経て、1932年ジョージ・ワシントン大学医学部の生化学の正教授となり、1938年コーネル大学医学部の生化学科教授となった。ニューヨーク州ホワイトプレーンズで没。

彼の研究は硫黄化合物に関するものが主であった。システインメチオニンといった含硫アミノ酸の生合成やその誘導体に関する研究を根幹として、脳下垂体ホルモンの合成と構造決定を行った。またビオチンの合成などにもその足跡を残している。

外部リンク[編集]