リチャード・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・シング
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1952年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分配クロマトグラフィーの開発およびその応用

リチャード・シング(Richard Laurence Millington Synge,1914年10月28日-1994年8月18日)はイギリスリバプール出身の化学者。分配クロマトグラフィーの研究者として1952年ノーベル化学賞を受賞。

ウィンチェスター大学ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで教育を受ける。1941年から1943年までリーズの羊毛産業研究協会に在籍し、1943年から1948年まではロンドンのリスター予防医学研究所に移る。1948年から1967年までアバディーンのロウエット研究所で研究し、1967年から1976年までノーウィックの食品研究所にいた。リーズにいた際にアーチャー・マーティンと知り合い、分配クロマトグラフィーの研究を共同で行う。1942年から1948年までの間にグラミシジンを研究した。フレデリック・サンガーは後にインスリンを研究する際の参考にした。1968年からイースト・アングリア大学で生物科学の教授を務めた。ノーウィクで没。