ザ・キング・オブ・リムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・キング・オブ・リムズ
The King of Limbs
レディオヘッドスタジオ・アルバム
リリース 2011年2月18日
2011年3月28日(通常流通盤)
2011年4月6日(日本盤CD)
録音 2009年〜2011年
ジャンル オルタナティブ・ロック
時間 37分24秒
レーベル Self-released/
その他各国ごとの契約レーベル
プロデュース ナイジェル・ゴッドリッチ
チャート最高順位
レディオヘッド 年表
イン・レインボウズ
(2007)
ザ・キング・オブ・リムズ
(2011)
テンプレートを表示

ザ・キング・オブ・リムズ(The King of Limbs)はイギリスロックバンドレディオヘッドの8thスタジオ・アルバム。 2011年2月18日、公式サイトからデジタル配信(MP3形式又はWAV形式)によりリリースされた。その他、ザ・ユニバーサル・サイ(The Universal Sigh)と題したニュースペーパー・アルバム(2011年5月9日より配送)も予約販売された。ニュースペーパー・アルバムには音源に加えほか2枚の10インチ・アナログレコードとCD、スペシャルニュースペーパー、625個の小さなアートワーク、フルカラープラスチック袋が含まれる。流通盤はイギリスではXL、日本ではホステスを通して販売。 なお、アルバムの日本盤CDは2011年4月6日に発売された。

タイトル[編集]

タイトルの由来は、ウィルトシャーセイバーネイク・フォレストにある樹齢1000年のオークの木に関係していると言われている。前作『イン・レインボウズ』のレコーディングが行われたトッテナム・ハウスから3マイルの距離にその森はある[1]

収録曲[編集]

  1. ブルーム – "Bloom" – 5:15
  2. モーニング・ミスター・マグパイ – "Morning Mr Magpie" – 4:41
  3. リトル・バイ・リトル – "Little By Little" – 4:27
  4. フィラル – "Feral" – 3:13
  5. ロータス・フラワー – "Lotus Flower" – 5:01
    ミュージック・ビデオとともに先行公開された。ミュージック・ビデオは、トム・ヨークが閉暗所に独りでたたずみ、ウェイン・マクレガーが振付けを教授した奇妙なダンスを踊り続けるというものである。
  6. コデックス – "Codex" – 4:47
  7. ギヴ・アップ・ザ・ゴースト – "Give Up The Ghost" – 4:50
  8. セパレーター – "Separator" – 5:20

脚注[編集]

  1. ^ NME.COM” (英語). 2011年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]