ザ・インターネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・インターネット
The Net
監督 アーウィン・ウィンクラー
脚本 ジョン・ブランカート
マイケル・フェリス
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロブ・コーワン
出演者 サンドラ・ブロック
ジェレミー・ノーサム
デニス・ミラー
ダイアン・ベイカー
レイ・マッキノン
音楽 マーク・アイシャム
ジェフ・ロナ
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 リチャード・ハルシー
ジミー・ジリトリアン
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 コロンビアトライスター映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年7月28日
日本の旗 1996年1月20日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $50,727,965[2]
世界の旗 $110,627,965[2]
次作 ザ・インターネット2:美しき逃亡者
テンプレートを表示

ザ・インターネット 』 (The Net)は、1995年アメリカ映画。当時、黎明期にあったインターネットをテーマとしたサイコスリラー映画。冒頭に出る主人公アンジェラがプレイしていたゲームは「Wolfenstein3D」。

あらすじ[編集]

独身のコンピューター・アナリスト、アンジェラは在宅勤務で仕事先からソフトなどのバグを発見、修正するデバッグの仕事をする日々を送り合間には、同類が集うロビーでチャットをする生活を送っていた。

ある日、得意先で長年の仕事関係から友人でもあるデイルから、一枚のFDが送りつけられる。中身は音楽ライブのWEBサイトであり、デイルによると右下にΠ(パイ)のマークが表示され、特定の操作をすると、従来の方法ではアクセス出来ない施設や政府の機密情報にアクセス出来る事がわかる。この発見から、政府を巻き込む陰謀に巻き込まれていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版 テレビ朝日版
アンジェラ・ベネット サンドラ・ブロック 佐々木優子 土井美加 松本梨香
ジャック・デブリン ジェレミー・ノーサム 谷口節 大塚芳忠 小山力也
ドクター・アラン・チャンピオン デニス・ミラー 江原正士 秋元羊介 牛山茂
ミセス・ベネット ダイアン・ベイカー 久保田民絵 沢田敏子 田畑ゆり
デイル レイ・マッキノン 牛山茂 堀内賢雄 成田剣

スタッフ[編集]

続編[編集]

続編とされているが、本作とはストーリーが無関係である。インターネットとの関係もほとんどない。

テレビドラマ版[編集]

テレビドラマ版「ザ・インターネット」The NET は、上記の映画作品のTVシリーズ化で、1998年にUSAネットワークで1シーズン(22話)が放映された。

あらすじ[編集]

アンジェラ・ベネットは、デバッグ・システムを専攻する凄腕のハッカー。パソコンを操作中に誤って、プレトリアン(法務官)と呼ばれる秘密組織の情報にアクセスしてしまう。プレトリアンは「コンピューターによる世界支配」を画策しており、アンジェラの存在が計画の妨げになると判断し、彼女の個人データを逃亡中の犯罪者であるエリザベス マークスのものと交換してしまう。

警察やFBI,CIAに追われる逃亡者となってしまった彼女は、ハッカー仲間やソーサーと呼ばれる天才ハッカーの電子メールによって援助を受け、プラエトルの計画を妨害し、世界の危機を救う。アンジェラは個人データを回復し、元の生活を取り戻す。その後アンジェラは、コンピューター犯罪を捜査する政府のイントリュージョンコントロール(CIC)のエージェントとして活躍する。

登場人物[編集]

主要な登場人物[編集]

アンジェラ・べネット (ブルック・ラングトン):小島幸子
自宅でコンピュータソフトの修理をしている、フリーのコンピュータエンジニア。突然に口座凍結され、FBIに逮捕されて無実の罪を着せられる、主人公の女性。エリザベス・マークスという名前で逃亡中の犯罪者として逮捕される。
ソーサー (ティム・カーリー):大塚明夫
電子メールやチャットなどでアンジェラを助ける、天才ハッカーの男性。
ショーン・トレローニ (ジェセフ・ボトムズ):納谷六朗
NSAの捜査官。アンジェラを追跡する、プレトリアンという秘密組織に雇われている三人組のリーダー。
グレッグ・ハーニー (マッケンジー・グレイ):奥田啓人
 
ジェイコブ・レッシュ (エリック・ツェマンダ)
 

その他の登場人物[編集]

ボビー・リプトン
冒頭で電話で話した男性だが、何者かの手により死亡。
ティリー
アンジェラの会社で働いている同僚の女性。第一話にて死亡し、エリザベス・マークスが殺害したことにされてしまう。
フィリップ・ウェーランド
冒頭で、ハイテク自動車を運転していた妹のビクトリアが、殺害されてしまう。かつてのプロジェクトの仲間が、次々と殺害されている事が判明する。アンジェラに協力するが、爆発に巻き込まれて死亡。

補足[編集]

邦題は「ザ・インターネット」になっているが原題は "The Internet" ではなくて "The Net" である。「インターネット」に定冠詞である the を付けた場合、発音は「ザ」ではなく「ジ」になるので、この邦題は正しいものではない。

参考文献[編集]

  1. ^ The Net (1995) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ a b The Net (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2012年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]