サザナミヤッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サザナミヤッコ
Pomacanthus semicirculatus 1.jpg
サザナミヤッコ Rhinecanthus verrucosus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: キンチャクダイ科
Pomacanthidae
: サザナミヤッコ属
Pomacanthus
: サザナミヤッコ
P. semicirculatus
学名
Pomacanthus semicirculatus
Cuvier, 1831
英名
:en:Pomacanthus semicirculatus
サザナミヤッコ

サザナミヤッコ(小波奴、学名:Pomacanthus semicirculatus) は、スズキ目スズキ亜目キンチャクダイ科の海水魚である。和名は幼魚の体側の波紋のような模様からきている。沖縄地方では食用にもされている。

形態[編集]

  • 体は左右に平く体高が高い。
  • 全体に暗褐色だが体の中央に白色の太い横縞が入る。白色の部分には黒色の、暗褐色の部分には水色の斑点が多数ある。鰭(ひれ)や鰓(えら)は青い蛍光色で縁取られている。目の周りにもアイシャドーのように青色の縁取りがある。
  • 口吻は黄色で小さい。背鰭と臀鰭が後方に伸びているため全体は砲弾のような形をしている。
  • 他のキンチャクダイの仲間と同じく幼魚のときは体の模様が全く異なり、黒地に白色と青色の湾曲した細い横縞が多数入る。体長は成魚で40cmほどになる。

良く似た種[編集]

いずれも幼魚期だがロクセンヤッコアデヤッコタテジマキンチャクダイが特に似ており、区別しにくい。

タテジマキンチャクダイの2cmまでの個体はサザナミヤッコの幼魚と似ているため区別が難しいが、サザナミヤッコの幼魚は吻端から背中に白線縦線があるが本種にはそれがない。

ロクセンヤッコは模様の入り方が似ているが、サザナミヤッコのほうが白線が大きくカーブしているのに対し、この種は直線的な入り方をしている。

アデヤッコは「ブルーフェイス」という愛称がある種である。やはり、幼魚は似ているがどちらかというとロクセンヤッコの幼魚に似ている。白線の入り方もロクセンヤッコの幼魚に似る。しかし、成長すると、目の周囲が次第にオレンジ色になってくる。

生態[編集]

幼魚期は黒潮による死滅回遊魚(無効分散)[1]により本州沿岸でも観察されることがある。雑食性で海藻ホヤカイメンなどを食べる。通常単独で行動している。丈夫で飼育しやすい魚として知られており観賞魚として流通している。

分布[編集]

太平洋中西部やインド洋熱帯の比較的浅いサンゴ礁や岩礁の海に生息する。

人とのかかわり[編集]

キンチャクダイのなかでは、比較的丈夫で飼育しやすい魚として知られており観賞魚として流通している。今や大型ヤッコ類の飼育する入門種でもある。しかし、気が強いのであとから入る新参者をしつこく追いまわす。気が弱いニシキヤッコなどはいっしょに飼う時は特に注意が必要。

脚注[編集]

  1. ^ 本来生息している海域から潮流に流されること。突然の水温急変や環境の違いで定住はできない。主に、チョウチョウウオがその代表例。

関連項目[編集]