タテジマキンチャクダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タテジマキンチャクダイ
Pomocanthus imperator.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: キンチャクダイ科
Pomacanthidae
: サザナミヤッコ属
Pomacanthus
: タテジマキンチャクダイ
P. imperator
学名
Pomacanthus imperator
Bloch, 1787
英名
Emperor angelfish

タテジマキンチャクダイ Pomacanthus imperator (縦縞巾着鯛、英名:Emperor angelfishエンペラー・エンジェルフィッシュ)は、スズキ目スズキ亜目キンチャクダイ科に属する。全長40 cm。

形態[編集]

タテジマキンチャクダイの幼魚

幼魚と成魚とでは、まるで別種のように色彩や模様が違うが、食性は変わらない。

  • 幼魚は濃紺の体に白い同心円状の模様が入る。(模様の入り方が渦巻のように見えるため「ウズマキ」と呼ばれる。
  • 成魚は青地に多くの黄色い縦縞が入る。(名前の由来は頭を上にするとタテジマになる。ヨコシマではない。また、通称「タテキン」と呼ばれる。模様が変わる途中のものを「ウズキン」と呼ばれる。)
  • ヤッコの仲間は、自分の縄張りから配偶者以外の成魚を追い出す。(幼魚同士でも縄張り意識があり争うこともある。基本的に幼魚は単独でいる。)
  • 幼魚は、成魚と違った模様を持つことによって縄張りに入っても攻撃されない。(模様をかえることで成魚に対しライバルでないことを表している。)
  • 幼魚は、成長して成魚の模様が出始めるとライバルとみなされ、攻撃を受けるようになるという。
  • このような習性のため、成魚は群れはつくらずにペアー又は、単独で行動する。
  • えらの下には、成魚・幼魚ともに鋭いとげがある。(これはキンチャクダイ科の特徴でもあり、この種類には必ず1対ある。オスと思われる個体には2対あり2対の内1対は短めである。)
  • 食性は雑食性で、主にカイメン類ホヤ類などの動物質のほか、海藻などの植物質のものを主食としている。(このほか、プランクトンやサンゴのポリプなども口にする。)

成魚と幼魚とで模様の違いがあるわけ[編集]

上で述べたように、キンチャクダイ科の多くは成魚と幼魚とでまったく違う模様を持つ。成魚と違った模様を持つことによって縄張りに入っても攻撃されない、これも理由の一つとされるが、模様の違いには他にもいろいろな説があり、ここでいくつか挙げてみる。

  • 毒をもつウミウシなどに姿を似せることで、敵に狙われにくくするという説。(多くの魚は青系の色のものを襲わない。毒を持っているサインと言う色のため魚は避けると言われているため、多くのウミウシは青系のものが多い。)
  • チョウチョウウオ科の幼魚には尻尾のほうに敵を惑わすため目玉にような目立つ黒点があるが、実はこれと同じ理由でこのような模様を持つ。(良く見ると、「タテキン」の幼魚渦巻き模様の中心は目にも見える。)
  • 幼魚は襲われないように細い海藻やヤギ、枝サンゴに似せた模様をしている。(枝サンゴの間やヤギの近くで見られることが多い。)

以上、代表的な説である。他にももっといろいろな説がある。

良く似た種[編集]

良く似た種として、サザナミヤッコがいる。しかし、いずれも幼魚期までであり、成魚はどちらも独特のもようである。2cmまでの個体はサザナミヤッコの幼魚と似ているため区別が難しいがサザナミヤッコの幼魚は吻端から背中に白線縦線があるが本種にはそれがない。

生態[編集]

主に外海の岩壁の穴や割れ目などで観察される。また、本州で見られるのは黒潮に乗って流れ着いた幼魚のほうで、成魚はめったに見られない。やはり、ほかのチョウチョウウオなどの南方系の魚と同じ死滅回遊魚であり、水温が急に下がる1月ごろから死んでしまうため、見られなくなる。沖縄などでは普通種であり、サンゴの根や割れ目などにいる。意外と狭いところを好む。雑食性のためなんでも口にするが、やはりサンゴのポリプをかじる。そのほか、プランクトンや藻類などを食べる。

本州の伊豆半島から西日本の太平洋側では夏ごろから12月まで稚魚や幼魚が採種される。

分布[編集]

太平洋イースター島を除く)、インド洋相模湾以南の潮溜まりや浅い岩場の沿岸などで見かける。キンチャクダイ科では最も生息範囲が広い種の1つである。そのため、地域により個体差がある。現在、「太平洋型」と「インド洋型」に分けられる。日本などで見られる「太平洋型」は背びれ後方の軟条部が長く伸びる。インド洋などで見られる「インド洋型」は背びれ後方の軟条部が長く伸びることはなく丸い。

人間との関係[編集]

  • 近藤滋によって実験に使われた。1995年に生物斑紋数学的に証明したチューリング・パターン実験的に確かめることが出来た魚として知られている。
  • 観賞用の熱帯魚として人気が高い。毎年、本種はさまざまなサイズが入荷されている。サザナミヤッコと本種は最もポピュラーな魚である。飼育された個体も野生種と同様模様の変化を観察できる。このためか成魚より幼魚・稚魚のほうが人気があり、入荷量も多い傾向がある。成魚はサイズが大きい上、餌付けにくい、水槽環境になれにくいなど難しい。また、購入後もちろんのこと大きなビニール袋にパックされるが、大型の個体になると多くの海水とともにパックされるので、それなりに容量も大きくなり、持ち帰る時(車であれば問題ないが)や導入時(魚が暴れるとかなり力がある。それに、大型個体は重い。)も大変である。そのため、意外と大型の個体は種類問わず、売れ残ることも多い。幼魚は成魚にくらべ、易しいほうであり、状態や個体により、飼育しやすくなる。しかし、水質には敏感でこまめな水換え、観察が必要である。
  • ダイビングをする人にも人気があり、特に夏期、黒潮に乗って伊豆半島や紀伊半島で現れる稚魚はかわいらしさなど人気がある。12月まで水温が高いためか見られる。主に外海の岩壁の穴や割れ目などで観察される。しかし、チョウチョウウオに比べ見られる確率は低い。また、主に本州で見られるのは幼魚のほうで、成魚はめったに見られない。やはり、ほかのチョウチョウウオなどの南方系の魚と同じ死滅回遊魚であり、水温が急に下がる1月ごろから死んでしまうため、見られなくなる。沖縄などでは普通種であり、サンゴの根や割れ目などにいる。意外と狭いところを好む。
  • 自家採集家にも人気があり、本州の伊豆半島から西日本の太平洋側では夏ごろから12月まで稚魚や幼魚が採種される。チョウチョウウオが主に多いがまれに捕まえられることがある。稚魚はおもに外海に近い又は、つながっているタイドプールなどにいる場合が多い。幼魚は外海の岩壁などにいる。沖縄では漁港でも見られる。磯や漁港ではたまに釣れるが沖縄の人は食用にはならない為捨てられたり、リリースされたりする。すぐ、隠れてしまうため、警戒心が強い。チョウチョウウオとともに「磯のアイドル」・「海のアイドル」と採集家の間では称される。沖縄など南日本では成魚も採取できる。採集できるシーズンは本州では6月-12月、沖縄では1年中である。採種には2本のタモ網、釣り具、竿、投げ網などが挙げられるが地域により使用禁止の漁具もあるので注意が必要である。

関連項目[編集]