コールドダークマター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代宇宙論
Ilc 9yr moll4096.png


宇宙 · ビッグバン
宇宙の年齢
宇宙の年表
宇宙の終焉

コールドダークマター: cold dark matter; CDM)とは、運動エネルギー質量エネルギーに比べて小さく、粒子の運動速度が遅い暗黒物質であり、宇宙の構造形成を説明するために仮説的に導入された物質である。冷たい暗黒物質[1](つめたいあんこくぶっしつ)とも呼ばれる。

コールドダークマターは、Λ-CDMモデルにおいて、宇宙の密度揺らぎを成長させ、宇宙の大規模構造に大きく関与したとされる[2]SUSY粒子ヒッグシーノアクシオン等の未発見の素粒子が候補として挙げられている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省日本天文学会編 『学術用語集 天文学編』 日本学術振興会1994年、増訂版。ISBN 4-8181-9404-2
  2. ^ 嶋作一大 「第4章 宇宙の大規模構造」『新・天文学事典』 谷口義明監修、講談社〈ブルーバックス〉、2013年3月20日、初版、152-154頁。ISBN 978-4-06-257806-6
  3. ^ 松原隆彦 「第3章 ダークマター」『新・天文学事典』 谷口義明監修、講談社〈ブルーバックス〉、2013年3月20日、初版、122-124頁。ISBN 978-4-06-257806-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]