ラシード・スニャーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラシード・スニャーエフ, 2010

ラシード・スニャーエフ(Rashid Alievich Sunyaev、Рашид Алиевич Сюняев1943年3月1日 - )はタシュケント(現ウズベキスタン)生まれの宇宙物理学者である。ゼルドビッチ(Yakov B. Zel'dovich)と共に、銀河団内のガスによって宇宙背景放射の見かけの平均エネルギーが高くなるというスニャーエフ・ゼルドビッチ効果の存在を予言したことなどで知られる。

モスクワ工科大学モスクワ大学で学び、1992年からロシア科学アカデミーの高エネルギー宇宙部門の部長、マックスプランク研究所宇宙物理研究所の所長などをつとめている。ゼルドビッチとともにスニャーエフ・ゼルドビッチ効果を提案した他、ニコライ・シャクラとともにブラックホール降着円盤モデルなどの分野においても業績がある。

ドイツとロシアの二重国籍を持つ。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]