ヤーコフ・ゼルドビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤーコフ・ボリソヴィチ・ゼルドヴィチ:Я́ков Бори́сович Зельдо́вич:Yakov Borisovich Zel'dovich、1914年3月8日1987年12月2日)は、ソビエト連邦物理学者である。ソビエトの核兵器の開発に重要な役割をはたし、核物理学素粒子物理学天体物理学相対性理論の分野で重要な業績をあげた。

ミンスクで生まれた。家族とともに、サンクトペテルブルクに移り、1931年からサンクトペテルブルクのソビエト科学アカデミーの化学物理研究所で働き、1941年ドイツ軍の侵攻により、研究所とともにがカザンに移り1943年までのカザンにとどまり、その後モスクワに移った。

はじめ物理化学の分野で研究し、窒素の熱酸化の分野を研究した。1930年代後半から燃焼の分野を研究し、ユーリ・ハリトンYulii Borisovich Khariton)とともに、核連鎖反応の理論の分野で重要な結果を得た。1960代までイーゴリ・クルチャトフらとソビエトの核兵器開発のために働いた。

1950年代から素粒子物理学の分野の研究もはじめ、パイ中間子ベータ崩壊を予測し、S・S・ゲルトシュタイン(S. S. Gershtein)と弱い力電磁力の類似に注目した。1960年には中間子触媒反応を予測した。1977年に、F・シャピロ(F. Shapiro)とともに冷中性子の性質の予測・検出に関する研究でソビエトの核物理学の最高の賞、クルチャートフ賞を受賞した。1958年にソビエト科学アカデミーの会員に選ばれ、1965年から1983年まで、科学アカデミーの応用数学研究所の部長を務めた。

1965年から天体物理学分野の研究も始め、モスクワ大学で物理学の教授、シュテルンベルク天文研究所の相対性天文物理学の部長を務めた。ラシード・スニャーエフと、銀河団内のガスによって宇宙背景放射の見かけの平均エネルギーが高くなるというスニャーエフ・ゼルドビッチ効果を予測した。

[編集]

命名[編集]

  • 小惑星:(11438) Zel'dovich
  • ゼルドビッチ賞:COSPARが若手研究者に贈る賞

外部リンク[編集]