コショウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コショウ属
Piper nigrum drawing 1832.jpg
コショウの植物と果実
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: コショウ目 Piperales
: コショウ科 Piperaceae
: コショウ属 Piper

本文参照

コショウ属 (Piper) は、コショウ目コショウ科に属する植物である。もっとも有名なのはコショウであるが、その他にも多くの種があり、日本にも3種が自生する。

コショウ属の植物は、やや木本的になるつる植物、一部は直立性の草本である。葉は互生、主脈の他に数行の葉脈が平行するようにはっきり見える。葉と対になって出る花茎の先端に穂状の花序が出る。花は小さく、穂の表面に張り付いている。果実は液果で、膨らむと穂はブドウの房のように見える。

下位分類(種)[編集]

世界の熱帯に700種以上が知られる。もっともよく知られ、利用されているのはコショウであるが、他にもいくつか利用されているものがある。代表的なものをいくつか挙げる。

日本[編集]

日本にはフウトウカズラと、小笠原諸島のみに産するタイヨウフウトウカズラの2種が自生する。前者は南日本に普通である。ヒハツモドキは東南アジア原産であるが沖縄では香辛料として栽培され、一部では自生している。