ゲビン・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲビン・リース
Gavin Rees.jpg
基本情報
本名 ゲビン・リース
通称 The Rock
階級 ライト級
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
イギリスの旗 イギリス
誕生日 1980年5月10日(33歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ・グウェント
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 37
KO勝ち 18
敗け 2
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

ゲビン・リースGavin Rees1980年5月10日 - )は、イギリスウェールズの男性プロボクサー。前WBA認定世界スーパーライト級チャンピオン。「The Rock」の異名を持つ。エンゾ・マカリネリとともにジョー・カルザゲの父がトレーナーを務めるチーム・カルザゲの選手である[1]

来歴[編集]

1998年9月5日にイギリスでプロデビューする。

2001年4月28日にWBOインターコンチネンタルフェザー級タイトルを獲得する(同王座は1度防衛し返上)。

その後も主戦場をイギリスに勝利を積み重ね、2007年7月21日に祖国ウェールズのカーディフフランスソレイマヌ・ムバイエに挑戦し、12回判定3-0で勝利し無敗のままWBA世界スーパーライト級タイトルを獲得した。この日は同じイベントでアレックス・アーサーWBOスーパーフェザー級タイトルマッチも行われており、同日に2つの世界タイトルがイギリスにもたらされた。

しかし、2008年3月22日に行われた初防衛戦で、ウクライナアンドレアス・コテルニクに12回TKOで敗れ、タイトルを失った。

2010年11月6日、ジョン・ワトソン(イギリス)とBBBofC英国ライト級王座決定戦を行い、11回TKO勝利でタイトルを獲得した。

2011年6月4日、24戦全勝の アンディ・マーレイ(アイルランド)とEBU欧州ライト級王座決定戦を行い3-0の判定勝ちでタイトルを獲得した。

2011年10月1日、同国人のデリー・マシューズを相手にEBU欧州ライト級王座の初防衛戦を行ったが4回負傷引き分けで初防衛に成功した。

2012年3月23日、 アンソニー・メザーチェ(フランス)と対戦し、7回TKO勝利で2度目の防衛に成功した

2012年7月7日、デリー・マシューズと再戦し、9回TKO勝利で3度目の防衛に成功した。

2013年2月16日、アメリカデビュー。ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホールにてWBC世界ライト級王者エイドリアン・ブローナーと対戦し、序盤は手数で積極的に仕掛けペースを掴もうとするが、3回にはブローナーがペースを掴み返し、4回には右アッパーでダウンを奪われなんとか自分から前に出てラウンド終了まで耐えきるが、5回には強烈なボディブローを打たれ座り込むようにダウン、なんとか立ち上がったリースにブローナーが怒涛のラッシュをかけリーズのチーフセコンドがタオルを投入したためレフリーが試合をストップ。5回2分59秒TKO負けで2階級制覇とはならなかった[2]

2013年6月29日、英国・ランカシャーボルトンのボルトンアリーナでWBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦をアンソニー・クロラと行うも、0-2の判定負けで復帰初戦は黒星となった。

2014年2月1日、ゲーリー・バックランドと同国人対決を行い格下相手だったが1-2の判定で敗れたたため3連敗を喫し厳しい状況となった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boxing Encyclopedia Enzo Calzaghe参照。
  2. ^ ブロナー 2度倒しTKO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ソレイマヌ・ムバイエ
第47代WBA世界スーパーライト級王者

2007年7月21日 - 2008年3月22日

次王者
アンドレアス・コテルニク