アンドレアス・コテルニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレアス・コテルニク
Andreas Kotelnik.jpg
基本情報
本名 アンドレイ・コテルニク
階級 スーパーライト級
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
誕生日 1977年12月29日(36歳)
出身地 ウクライナ, リヴィウ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 31
KO勝ち 13
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ウクライナの旗 ウクライナ
男子 ボクシング
オリンピック
2000 シドニー ライト級

アンドレアス・コテルニクAndreas Kotelnik, 男性、1977年12月29日 - )は、ウクライナプロボクサー。前WBA世界スーパーライト級チャンピオン。2000年シドニーオリンピックではウクライナのライト級代表として出場し、銀メダルを獲得した。同じくシドニーオリンピックメダリスト組のウラジミール・シドレンコと同様にドイツのエージェントにスカウトされ、現在はドイツのハンブルクを拠点に活動している。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

コテルニクは1977年に生まれ、ウクライナではアマチュアボクシングの選手として活躍する。1995年には欧州ジュニア選手権フライ級のヨーロッパチャンピオンとなり、1997年には世界選手権にも出場(フェザー級3回戦敗退)し1995年から2000年までの5年間ウクライナの国内チャンピオンに君臨する。さらに、1999年にはヨーロピアンカップのチャンピオンとなり、シドニーオリンピックのウクライナ代表に選出され銀メダルを獲得した。 アマチュア時代の戦績は150戦135勝である[1]

プロ時代[編集]

彼はシドニーオリンピックで銀メダル獲得後の2000年12月16日にドイツでプロデビュー。全勝のまま2003年1月24日に祖国のウクライナでWBAインターコンチネンタルスーパーライト級タイトルを獲得した。同タイトルを2度防衛した後の2004年10月21日にWBA世界タイトル挑戦権を賭けてソレイマヌ・ムバイエフランス)と対戦するが、12回判定で敗れ初黒星を喫した。2005年7月9日にはEBUスーパーライト級王者のジュニア・ウィッターイギリス)に挑戦するが、判定負けを喫した。

その後2005年11月26日に彼はWBAインターコンチネンタル・WBOアジアパシフィックスーパーライト級タイトルを奪取する。さらに2006年10月21日にWBOインターコンチネンタルタイトルも獲得し、2007年3月10日に初の世界メジャータイトル戦として、WBA王者のソレイマヌ・ムバイエにリベンジを掛け挑戦するも引き分けとなりタイトル奪取に失敗した[2]。しかし、2008年3月22日にゲビン・リース(イギリス)の持つWBAスーパーライト級タイトルに挑戦し12回TKOで勝利を収めタイトルを獲得した[3]

2008年9月13日、地元ウクライナ共和国リヴィウにて木村登勇日本/横浜光ボクシングジム)の挑戦を受け、3-0の判定勝ちで木村を退け、王座初防衛に成功した[4]

2009年2月7日、ドイツロストックにて25戦全勝24KOと驚異的な数字を誇るマルコス・マイダナアルゼンチン)に2-1の僅差判定勝ちで、2度目の防衛に成功した。

2009年7月18日、マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナで行われた3度目の防衛戦でアミール・カーン(イギリス)に0-3の大差判定負けを喫して王座を失った。

2010年8月7日、WBCIBF世界スーパーライト級王者デボン・アレクサンダーアメリカ合衆国)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得はならなかった[5]

2012年5月18日、アレクサンダー戦を最後に現役生活を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ゲビン・リース
第45代WBA世界スーパーライト級王者

2008年3月22日 - 2009年7月18日

次王者
アミール・カーン