グイード・ダ・スポレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グイード・ダ・スポレートGuido da Spoleto, ? – 894年12月12日) は、ヴィドー家出身のイタリア889年 - 894年)で、西ローマ皇帝891年 - 894年)。グイード・ディ・スポレート (Guido di Spoleto)、グイード2世、グイード3世とも。

フランクの家柄で、846年にローマがサラセン人の攻撃を受けたときに戦ったグイード1世・ディ・スポレートの息子である。女系を通してカロリング家と血縁関係があった(祖母がカール大帝の息子イタリア王ピピンの娘)。兄ランベルト1世が880年に死去、兄の息子グイード2世も883年死去し、グイード2世の子が年少のため同年スポレート公を継承した。ベネヴェント公アデルキの娘アジェルトゥルデと結婚し、息子ランベルトを授かった。また、娘ロチルデはトスカーナ辺境伯アダルベルト1世と結婚した。

882年、皇帝カールに反逆のかどで所領を奪われたが、翌年再占領し、カメリーノ侯となった。885年にはガリリャーノ川でサラセン人を撃退した。

888年の皇帝が死去の後、フランス王の選出の際では企てに失敗(ウードが選ばれた)するが、ベレンガーリオとのイタリア王位をかけた紛争では、889年のトレッビア川での戦いで彼を破りパヴィーアで戴冠した。

891年には教皇ステファヌス5世から、ローマ皇帝冠の戴冠を受け、皇帝位を息子のランベルトと共同で受け持った。続く教皇フォルモススとは対立関係となり、教皇はアルヌルフをイタリアに呼び寄せた。

894年にアルヌルフがイタリアに侵攻、ベルガモミラノパヴィーアを征服し、そこでグイードに対するイタリア王と公認されてベレンガーリオの領土の寄贈を受け、ゲルマニアに戻った。しかし、グイードから助けを求められたイヴレーア侯アンスカーリオ1世は、ブルグントルドルフ1世が派遣した援軍によりイヴレーアにてアルヌルフの進軍を阻止しようとした。アルヌルフは封鎖を越え、戦闘を回避するために山中にいるルドルフを攻撃した。

同年(894年)、グイードは死去し、息子のランベルトに対立王位を残した。

参考文献[編集]

  • René Poupardin, I regni carolingi (840-918), in Storia del mondo medievale, vol. II, 1999, pp. 583-635
  • Tommaso di Carpegna Falconieri, Guido di Spoleto, in Dizionario biografico degli italiani, 61, Roma, Istituto della Enciclopedia Italiana, 2003, pp. 354-361
先代:
ベレンガーリオ1世
イタリア王
889年 - 894年
(対立王
ベレンガーリオ1世)
次代:
ベレンガーリオ1世
/ ランベルト・ダ・スポレート
(対立王)