カレル・ヴァン・ウォルフレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カレル・ヴァン・ウォルフレンKarel van Wolferen1941年4月 - )は、オランダロッテルダム出身のジャーナリスト、政治学者。現在はアムステルダム大学比較政治・比較経済担当教授。オランダ語の発音ではカーレル・ファン・ヴォルフェレンとなる。

来歴[編集]

高校卒業後、中近東各国とアジア各国を旅し、オランダの新聞NRCハンデルスブラットNRC Handelsblad)』の極東特派員となる。

日本における官僚を始めとする権力行使のあり方を分析し、責任中枢の欠如を指摘した初の著書『日本/権力構造の謎』を、1989年に発表。

1994年に上梓した『人間を幸福にしない日本というシステム』は、33万部のベストセラーとなる。管理されたリアリティの壁に隠された「システム」(物事のなされ方)の支配から日本人が脱すべきことを説き、論議を巻き起こした。特に「説明責任」という言葉は広く知られる事となる。同書は、薬害エイズ事件を起こした厚生省(現在の厚生労働省)を批判する市民運動の若者達の間では、半ば聖典とも化した。薬害エイズ事件における厚生省の責任を認めて謝罪した厚生大臣の菅直人を、「偉大な政治家」と賞賛した。一方、官僚独裁主義を打破する改革者として小沢一郎を高く評価し、この時すでに官僚側の抵抗によりいずれその手先である検察に彼は狙われると予言していた。またマスコミの小沢たたきを批判し、官僚支配から脱却した政治主導への改革を小沢以外の誰が成し遂げられるのかとも主張していた。

アメリカ合衆国覇権主義を非難しており、2004年ジョージ・ウォーカー・ブッシュの大統領再選を嘆いた。日本は対米従属路線を脱せよと訴える。

部落解放同盟の糾弾を受けたことがある。詳しくは確認・糾弾小森龍邦の項を参照。

2014年に起きたウクライナ危機を、「アメリカが中央ヨーロッパやアジア地域での支配権強化」を目論んで、「欧州とロシアの関係を分断する」ために、「ウクライナ国内の右翼勢力に資金援助を行なった」のが原因であり、日本は「プーチン大統領は『悪』で、世界にとって脅威だ」というアメリカのプロパガンダに騙されていると主張している[1]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

動画[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]