カケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カケス
Eurasian Jay.jpg
カケス Garrulus glandarius
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カラス科 Corvidae
: カケス属 Garrulus
: カケス G. glandarius
学名
Garrulus glandarius
Linnaeus, 1758
和名
カケス
英名
Eurasian jay

カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)とは鳥綱スズメ目カラス科カケス属に分類される鳥である。

分布[編集]

アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布。日本では九州以北で繁殖する留鳥で、北部に生息するものは冬季に南に移動する。年により移動する個体数には変動があり、これは餌とする木の実の量に依存するものと考えられる(量が少ないときには、餌を求めて移動する)。

形態[編集]

全長33cm。成鳥は額から頭のてっぺんまでが白と黒のまだら模様で喉、腹は白色、目の周りや尾羽は黒く後頭部、背面、胸部等は葡萄褐色。羽の色が美しく特に基部は黒、白、青がだんだら模様を作っている。くちばしは色で先が黒い。雌雄同色である。

生態[編集]

日本においては全国の平地、山地の森林に生息する。繁殖期は縄張りを形成する。

食性は雑食で昆虫類が主食だが果実種子等も食べる。他の小鳥のひなを食べることもある。また信州・美濃地方では「カシドリ」の異名もありカシナラクリの実を地面や樹皮の間等の一定の場所に蓄える習性がある。冬は木の実が主食となり、蓄えたそれらの実を食べて冬を越す。

繁殖形態は卵生。マツスギなどの樹の上3-10mのところに木の枝を使って皿状の巣を作る。1腹5-6個の卵を産む。抱卵期間は16-17日で、雌雄協同で抱卵する。雛は17-20日で巣立ちする。

「ジェー、ジェー」としわがれた声で鳴く。英語名の『Jay』はこの鳴き声に由来する。また他の鳥の鳴き声や物音を真似するのが巧く、林業のチェーンソーや枝打ち、木を倒す時の作業音を「ジェージェー」の間奏を入れつつ再現することもある。飼い鳥として人に慣れたものは人語の真似までする。

亜種[編集]

ミヤマカケスの剥製(国立科学博物館の展示)
Garrulus glandarius

約30亜種に分類される。

  • Garrulus glandarius brandtii ミヤマカケス
  • Garrulus glandarius japonicus カケス

など。

意匠[編集]

1998年(平成10年)2月23日発売され、2014年(平成26年)3月31日まで販売された160円普通切手の意匠になった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 普通切手、慶弔切手一覧”. 公益財団法人日本郵趣協会. 2014年4月1日閲覧。 (ただし、発売開始の出典とはならない。)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • BirdLife International 2004. Garrulus glandarius. In: IUCN 2006. 2006 IUCN Red List of Threatened Species.