オクトパス・ガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクトパス・ガーデン
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年4月26日 - 7月18日
ジャンル ロック
時間 2:51
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 リチャード・スターキー
作曲者 リチャード・スターキー
プロデュース ジョージ・マーティン
アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

オクトパス・ガーデン』(Octopus's Garden)はビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は、1969年に発表されたビートルズアルバムアビイ・ロード』に収録されたリンゴ・スター(本名のリチャード・スターキー名義で発表)作の楽曲で、(単独に限れば)リンゴ作としては最後の公式発表曲。リンゴはザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)の録音で一時離脱したときに、漁師との会話の中で[要出典]この曲の構想を思いついている。作曲の過程でジョージ・ハリスンがかなりの部分を手伝っている。

この曲に登場する「プクプクプク・・・」というたこが泡を立てたかのような効果音はジョン・レノンがコップの水をストローで噴きたてて作ったものである。また、この曲はメンバー全員が演奏に参加しているが、当時のバンド内における中和剤的なリンゴの立場がうかがい知れる。

リンゴらしいほのぼのとした曲調だが、歌詞の内容は「海の底へ逃げてしまいたい」と歌われており、ビートルズ内の殺伐とした雰囲気を表している。

映画「レット・イット・ビー」でもジョージがリンゴにこの曲のコード進行についてアドバイスしている場面がある。

収録アルバム[編集]