ラヴリー・リタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラヴリー・リタ
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
リリース 1967年6月1日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1967年2月23日、24日、3月7日、21日
ジャンル ロック
時間 2分42秒
レーベル パーロフォンキャピトルEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
A面
  1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
  4. ゲッティング・ベター
  5. フィクシング・ア・ホール
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム
  7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
B面
  1. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
  2. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
  3. ラヴリー・リタ
  4. グッド・モーニング・グッド・モーニング
  5. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  7. サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ

ラヴリー・リタ (Lovely Rita) はビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1967年に発表されたのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されたポール・マッカートニー作詞作曲の楽曲である。

「女性の交通取締官」をアメリカでは「Meter Maid(メーター・メイド)」と呼ぶことにヒントを得てポールが作った曲[1]。 ポールが駐車違反で捕まったときの実体験に基づいて作られた曲で、当時の婦人警官への憎しみを皮肉った詞となっている。実際の詞は、気弱で貧弱な事務員が強引で力強い婦人警官への純情な恋心を歌っているラブソングである。曲調は非常にポップなナンバーで同アルバムの中でもサイケデリックの要素はあまり見られないが、ジョーク色の強い作品ではある。

メンバーはアビー・ロード・スタジオに備え付けられているトイレットペーパーとによって効果音を作っている。ポールのボーカルは録音スピードを落とし、調子を上げるようにしている。ジョージ・マーティンが途中でピアノソロを弾いているが、これもまた録音スピードを落とし、さらに意図的に古い音を目指してワウを発生させるように工夫している。そして、曲の最後にはメンバーが色々なノイズを入れて遊んでいる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 水木まり訳、キネマ旬報社、1996年、141-144ページ