グッド・モーニング・グッド・モーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッド・モーニング・グッド・モーニング
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
リリース 1967年6月1日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1967年2月8日、16日、3月13日、28日、29日
ジャンル ロック
時間 2分42秒
レーベル パーロフォンキャピトルEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
A面
  1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
  4. ゲッティング・ベター
  5. フィクシング・ア・ホール
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム
  7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
B面
  1. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
  2. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
  3. ラヴリー・リタ
  4. グッド・モーニング・グッド・モーニング
  5. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  7. サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ

グッド・モーニング・グッド・モーニング(Good Morning,Good Morning)は、ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1967年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されている曲。ジョン・レノン作でリード・ヴォーカルもジョン自身。ハーモニーは、ポール・マッカートニージョージ・ハリスン。「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」にも収録されているが、このアルバムのヴァージョンはSEがダビングされる前のものである。

リード・ギターは、ポール。ブラス・セクションと、食物連鎖と弱肉強食を連想させる動物(主に家畜)の鳴き声のSE(サウンド・エフェクト)が追加されている。ちなみにニワトリの声は次の曲「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)」オープニングに合わせてギターのような音にしている[1]。ジョンの楽曲に特有の、言葉のリズムに合わせた変拍子(3拍子・4拍子・5拍子)が使用されている[2]

コーンフレークCMに触発されて作ったこの曲は、ジョンが当時置かれていた生活への皮肉を歌っている(彼は、ロンドンのウェイブリッジという郊外住宅街に住んでいて、独身であったポールの家へよく行っていた。)[3]。そして、歌詞中に当時放送していたBBCのドラマ、「Meet the Wife」というタイトルを引用している[4]。しかし、ジョン自身は「何の意味もない曲。聴く必要もない。ゴミだよ」と語っており、相当気に入っていないらしい。1967年頃、最も創作意欲が落ちていた事を後年になって告白している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 水木まり訳、キネマ旬報社、1996年、pp.115-116
  2. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 pp.113-114
  3. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 p.110,111,113
  4. ^ ジョン・ロバートソン 『ビートルズ全曲解説』 丸山京子訳、シンコーミュージック、1994年、p.107