エン・カレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エン・カレムの風景

エン・カレムヘブライ語: עַיִן כרֶם‎、英語: Ein Karem)はイスラエルエルサレム西郊外にあるである。

概要[編集]

エン・カレムはイスラエルエルサレム地区にある村で、エルサレムの西郊外にある。エン(ein)はヘブライ語で「」、カレム(karem)は「ブドウ」の意味で、「葡萄園の泉」という意味である。アラブ人によって建てられた石造りの家々が、杉と松の木々が生える丘に囲まれた美しい村である。1948年の第一次中東戦争でアラブ人はこの村から逃げて、その後モロッコルーマニア出身のユダヤ人が住むようになった。

6世紀ごろより、ここは『新約聖書』の「ルカによる福音書』1章39節に書かれている、ザカリア、その妻・エリサベツ、彼らの子供・洗礼者ヨハネが暮らしていた「ユダの山里」であるということで、巡礼者が絶えなくなった。

エン・カレムには次のような施設があることで有名である。 [1] [2] [3]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エン・カレム(マリアの訪問教会と洗者ヨハネの教会)
  2. ^ 『地球の歩き方 E 05、イスラエル 2013~2014』(ダイヤモンド・ビッグ社)
  3. ^ "Israel & the Palestinian Territories" (Lonely Planet Publications, 2012)

参照項目[編集]

外部リンク[編集]